【マーメイドS】天才型の妹と努力型の姉リラヴァティ遅すぎた重賞初V

公開日: 更新日:

“遅すぎた”重賞Vだったかもしれない。阪神のGⅢマーメイドSを制したリラヴァティだ。

 2つ上の兄アダムスピークは新馬勝ち直後にGⅢラジオNIKKEI杯2歳Sを、弟アダムスブリッジは新馬V→若駒S勝ち。そして現3歳世代の妹がシンハライトだ。3連勝目がGⅢチューリップ賞。オークスでGⅠウイナーになっている。

 そんな“天才型”の妹らとは対照的にここまでの道のりは長かった。重賞挑戦はマーメイドSまでに8回。2~3歳時には③着が3回あるもののVには手が届かず、古馬になってからもGⅢ福島牝馬Sが②着、GⅠエリザベス女王杯は0秒4差(⑨着)で善戦止まり。

 それがマーメイドSは4角手前からシュンドルボンらの格好の目標になりながら押し切ってみせたのだ。もちろん53キロのハンデも良かったが、これが5歳にしてようやくオープン&重賞初V。「地道に力をつけてきた」の石坂師の言葉は本音に違いないだろう。

 キャロットファームのクラブ馬で6歳春には既定路線なら引退。そこまでに“努力型”の姉がどこまで稼げるか注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る