【マーメイドS】天才型の妹と努力型の姉リラヴァティ遅すぎた重賞初V

公開日:  更新日:

“遅すぎた”重賞Vだったかもしれない。阪神のGⅢマーメイドSを制したリラヴァティだ。

 2つ上の兄アダムスピークは新馬勝ち直後にGⅢラジオNIKKEI杯2歳Sを、弟アダムスブリッジは新馬V→若駒S勝ち。そして現3歳世代の妹がシンハライトだ。3連勝目がGⅢチューリップ賞。オークスでGⅠウイナーになっている。

 そんな“天才型”の妹らとは対照的にここまでの道のりは長かった。重賞挑戦はマーメイドSまでに8回。2~3歳時には③着が3回あるもののVには手が届かず、古馬になってからもGⅢ福島牝馬Sが②着、GⅠエリザベス女王杯は0秒4差(⑨着)で善戦止まり。

 それがマーメイドSは4角手前からシュンドルボンらの格好の目標になりながら押し切ってみせたのだ。もちろん53キロのハンデも良かったが、これが5歳にしてようやくオープン&重賞初V。「地道に力をつけてきた」の石坂師の言葉は本音に違いないだろう。

 キャロットファームのクラブ馬で6歳春には既定路線なら引退。そこまでに“努力型”の姉がどこまで稼げるか注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る