【ベルモントS】③着善戦で気になるラニの今後

公開日: 更新日:

 日本馬としては初めて米3冠にフル参戦したラニ。ケンタッキーダービー⑨着、プリークネスS⑤着後の最終戦、ベルモントS(ダ二千四百メートル)は勝ったクリエイターから1馬身半差の③着に健闘した。

 相変わらず反応の鈍さや鞍上に反抗する面を見せたが、これで3月のUAEダービーから始まった長い“旅”も終了。今後は久々に帰国することになるが、遠征が長期にわたったため、今後は検疫と着地検査に3カ月以上要する。次は秋まで出走できない。

 この間に疲れを癒やすことになるが、残念なのはラニのようなダートの長丁場が合う馬にとって、日本になかなか適鞍がないことだ。

 JRAの重賞で最も長いのは昨秋、兄アウォーディーが勝った二千メートルのシリウスS。かつてはJCダート、東海Sが二千百メートル以上で行われていたが、今では距離が短縮されている。

 地方交流重賞に目を移しても長距離といえるのは1月の川崎記念(二千百メートル)と、3月の船橋・交流GⅡダイオライト記念(二千四百メートル)ぐらいだ。兄は千八をこなしているだけに、次にラニに求められるのは距離の融通性、そして気性面の成長だ。

 あるいは再び、適鞍を求めて長期の海外ツアーが始まるかも。実際、松永幹師も「また海外のレースにチャレンジしてみたいです」。まだまだ先に楽しみはある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る