【ベルモントS】③着善戦で気になるラニの今後

公開日:  更新日:

 日本馬としては初めて米3冠にフル参戦したラニ。ケンタッキーダービー⑨着、プリークネスS⑤着後の最終戦、ベルモントS(ダ二千四百メートル)は勝ったクリエイターから1馬身半差の③着に健闘した。

 相変わらず反応の鈍さや鞍上に反抗する面を見せたが、これで3月のUAEダービーから始まった長い“旅”も終了。今後は久々に帰国することになるが、遠征が長期にわたったため、今後は検疫と着地検査に3カ月以上要する。次は秋まで出走できない。

 この間に疲れを癒やすことになるが、残念なのはラニのようなダートの長丁場が合う馬にとって、日本になかなか適鞍がないことだ。

 JRAの重賞で最も長いのは昨秋、兄アウォーディーが勝った二千メートルのシリウスS。かつてはJCダート、東海Sが二千百メートル以上で行われていたが、今では距離が短縮されている。

 地方交流重賞に目を移しても長距離といえるのは1月の川崎記念(二千百メートル)と、3月の船橋・交流GⅡダイオライト記念(二千四百メートル)ぐらいだ。兄は千八をこなしているだけに、次にラニに求められるのは距離の融通性、そして気性面の成長だ。

 あるいは再び、適鞍を求めて長期の海外ツアーが始まるかも。実際、松永幹師も「また海外のレースにチャレンジしてみたいです」。まだまだ先に楽しみはある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る