• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ベルモントS】③着善戦で気になるラニの今後

 日本馬としては初めて米3冠にフル参戦したラニ。ケンタッキーダービー⑨着、プリークネスS⑤着後の最終戦、ベルモントS(ダ二千四百メートル)は勝ったクリエイターから1馬身半差の③着に健闘した。

 相変わらず反応の鈍さや鞍上に反抗する面を見せたが、これで3月のUAEダービーから始まった長い“旅”も終了。今後は久々に帰国することになるが、遠征が長期にわたったため、今後は検疫と着地検査に3カ月以上要する。次は秋まで出走できない。

 この間に疲れを癒やすことになるが、残念なのはラニのようなダートの長丁場が合う馬にとって、日本になかなか適鞍がないことだ。

 JRAの重賞で最も長いのは昨秋、兄アウォーディーが勝った二千メートルのシリウスS。かつてはJCダート、東海Sが二千百メートル以上で行われていたが、今では距離が短縮されている。

 地方交流重賞に目を移しても長距離といえるのは1月の川崎記念(二千百メートル)と、3月の船橋・交流GⅡダイオライト記念(二千四百メートル)ぐらいだ。兄は千八をこなしているだけに、次にラニに求められるのは距離の融通性、そして気性面の成長だ。

 あるいは再び、適鞍を求めて長期の海外ツアーが始まるかも。実際、松永幹師も「また海外のレースにチャレンジしてみたいです」。まだまだ先に楽しみはある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る