• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ユニコーンS】一千万より0秒5速かったゴールドドリーム

 皐月賞はレースレコードを更新、桜花賞はレースレコードにわずか0秒1差。今年の3歳馬はとにかくハイレベル――クラシックに向かうステップレースで軒並み好時計で、そう言われ続けてきた。

 GⅠ路線だけでなく、さらにその層の厚さを証明したのがきのう(19日)である。ダート、短距離路線でも好タイム決着だったからだ。

 JRAでは初となる3歳世代のダート重賞、GⅢユニコーンS。勝ったのは2番人気ゴールドドリームで、その勝ち時計は千六1分35秒8。良馬場としてはレース史上2位タイという極上の記録が出た。

 その価値をさらにもう一段高めたのが、古馬との比較だ。

 例年、同じ日に同距離の一千万・青梅特別が組まれている。今年のその勝ち時計は1分36秒3。前3年はユニコーンSが0秒1~0秒3ほど速かったが、今年はその開きは実に0秒5もある。

 しかも、青梅特別①着のミュゼスルタンはGⅢ勝ちの実績がある2階級降級の4歳馬。つまり、つい先日までバリバリのオープン馬をも軽々としのぐ時計なのだから、今年のユニコーンSは数字以上に強烈なインパクトを残したといえる。

 もちろん、高評価はタイム差なしの首差②着だったストロングバローズも。

 近年は育成段階はもちろん、入厩してからの調教技術がレベルアップ。さらには競馬場の馬場進化も相まって、世代間での切磋琢磨のたまものがこの結果になったのだろう。“先物買い”ではないが、今後も3歳馬を追い続けても、馬券の妙味はまだまだありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る