【ユニコーンS】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着ゴールドドリーム(川田騎手) ゲートが上手じゃないんですが、芝スタートだからか、いつもよりいい位置で競馬ができました。ストロングバローズについていって、いい雰囲気で4コーナーを回ってこられましたね。前回は小回りで負けましたが、広い馬場で直線が長いコースが合うんでしょう。大井のジャパンダートダービーに向けてのレースだと思ってたので、無事に結果を出せて良かったです。

②着ストロングバローズ(ルメール騎手) 同じ馬に2回負けてしまったよ。でも、いいスタートを切ってリラックスしたいい走りができた。ラストもしっかり伸びていたね。距離はもう少し長い方がいいかな。

③着グレンツェント(T・ベリー騎手) 前半のペースがこの馬には少し速くて、リズム良く入れなかったね。ラストまで頑張ってくれたけど、もうひと伸びを欠いたのはその分だと思う。

④着ピットボス(幸騎手) 上手にレースはできたけど、前2頭には離されてしまいました。ただ、ゲート裏からゴールした後までずっと泣いていたように、まだ気性が若いです。4角ではいったんやめようとしていたくらいで、力を出し切った感じもなかった。精神面が成長してくれば。

⑤着クインズサターン(石川騎手) 前が楽なペースで運んでましたからねえ。①②着馬を目標にリズム良く運べたんですけど、勝負どころでスッと離されてしまいました。

⑥着ダノンフェイス(福永騎手) ペースが遅くなると思っていたんで、ハナに行くつもりだったんだけど、スタートでつまずいてしまって。上位2頭に後ろから突かれてどこまで頑張れるか試したかったんだけどねえ。腹をくくってラストを伸ばす形に切り替えたけど、この流れでは厳しかったよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る