【函館スプリントS】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着ソルヴェイグ(丸田騎手) ②着馬に1回出られたような感じでしたが、差し返してくれました。陣営からは「スタートが速いし、千四だと掛かるので千二がいい」と聞いていました。逃げる馬が隣にいたので、見ながらいい位置で競馬をできましたね。軽い斤量も味方しましたね。

②着シュウジ(須貝調教師) 馬はしっかりできていたし、ジョッキーもうまい運びをしてくれたよ。今後のことはじっくり考えていくよ。

③着レッツゴードンキ(吉田隼騎手) 折り合いがついて前を見ながらのいい位置で競馬ができたんですけどね。最初に出していった分、最後ジワジワになった感じ。大跳びなので広いコースの方がいいかも。

④着アクティブミノル(藤岡康騎手) 開幕週だったし、早めに行きたかったんですが、外の馬が速かったのであの位置から。形は悪くなかったんですけど、前が止まらない展開でしたから。

⑥着オメガヴェンデッタ(武豊騎手) ポジションは思い通りでいい形だったんだけどね。4コーナーの位置そのままだった。もうワンパンチ、切れ味がほしいね。

⑦着オデュッセウス(戸崎騎手) 折り合いはついたんですが、千二に対応し切れていない感じでしたね。でも、使っていって慣れれば大丈夫だと思いますよ。

⑫着ティーハーフ(池添騎手) 自分の形で追走できて4コーナーからは動いていってるんだけどね。きょうは前が止まってくれなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る