• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【宝塚記念】2010年代はオンナの時代 牝馬から目を離すな

昨年はデニム(一番右)とショウナン(左から2頭目)が②③着(C)日刊ゲンダイ

14年25万円 15年52万円 今年もドリーム馬券!?

 2010年代は〝オンナの時代〟。春のドリームレースで牝馬の活躍が目立つ。

 10、11年にはブエナビスタが連続②着、13年にはジェンティルドンナが③着。歴史に名を残す名牝が、1番人気には応えられなかったものの牡馬の一線級と互角に渡り合った。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る