【宝塚記念】2010年代はオンナの時代 牝馬から目を離すな

公開日:  更新日:
昨年はデニム(一番右)とショウナン(左から2頭目)が②③着(C)日刊ゲンダイ

14年25万円 15年52万円 今年もドリーム馬券!?

 2010年代は〝オンナの時代〟。春のドリームレースで牝馬の活躍が目立つ。

 10、11年にはブエナビスタが連続②着、13年にはジェンティルドンナが③着。歴史に名を残す名牝が、1番人気には応えられなかったものの牡馬の一線級と互角に渡り合った。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る