【宝塚記念】2010年代はオンナの時代 牝馬から目を離すな

公開日:  更新日:
昨年はデニム(一番右)とショウナン(左から2頭目)が②③着(C)日刊ゲンダイ

14年25万円 15年52万円 今年もドリーム馬券!?

 2010年代は〝オンナの時代〟。春のドリームレースで牝馬の活躍が目立つ。

 10、11年にはブエナビスタが連続②着、13年にはジェンティルドンナが③着。歴史に名を残す名牝が、1番人気には応えられなかったものの牡馬の一線級と互角に渡り合った。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る