日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【宝塚記念】レース後の談話

①着マリアライト(蛯名騎手) テンの入りが速くなったし、内回りとはいえ重馬場でそう簡単に後ろからは差せないと思った。3~4角をスムーズに上がって思い通りの競馬ができました。最後はみっともないぐらいに追いました。馬も頑張れ、ボクも頑張れって(笑い)。仕上げてくれた関係者の皆さんに感謝しています。

(久保田調教師) 目黒記念を使って馬が良くなってデキには自信があったし、使うからには一発を狙っていた。エ女王杯を勝った時と同じようにノンプレッシャーの位置で運べたのも良かった。こっちの想像以上に成長しているし、まだ底も見せてない。今後? きょうの勝利でいろんなことを考えなくてはいけなくなった。全くの白紙です。

②着ドゥラメンテ(M・デムーロ騎手) ずっと左手前で走って最後は疲れたね。ゴールを過ぎてからノメって、つまずくような感じになって気にしていた。4角でインに入れたかったけど、スペースがなくて外へ。頑張って走ってくれたよ。ただ、勝ち馬はこんな馬場が得意なんだよね。

③着キタサンブラック(武豊騎手) 思い通りのペースで運べたし、ラストまでよく辛抱してくれたんですけどね。悔しい。もうちょっとでした。

(清水久調教師) 攻め馬をあれだけやってのプラス体重だし、太めは全くなかった。1~2コーナーで後ろが殺到してきて、そこで流れが速くなった分かな。それも競馬だから仕方ないね。

④着ラブリーデイ(ルメール騎手) 馬の状態は良かったし、道中もいい感じで運べた。直線に向いた時は“勝った”と思ったくらい。でも、残り100メートルでしんどくなってしまった。こんな馬場だし、最後は仕方ないよ。

⑤着ステファノス(戸崎騎手) いい位置で運べたし、この馬には流れも良かったと思う。直線に向いた時も凄い手応えだったけど、残り200メートルで怪しくなった。そこらは馬場と距離かな。

⑨着シュヴァルグラン(福永騎手) こんな馬場だからね。スタートを決めて、ある程度の位置で運ぼうと。思った通りの競馬はできたけど、前の2頭がいっしょに下がってきてスペースがなかった。きょうはアンラッキーだった。

⑮着トーホウジャッカル(酒井騎手) 2角で息が入ったし、“ヨシヨシ”と。でも、外からこられた時に全く反応してくれなくて、内にモタれる格好になった。調教でも馬場が悪いと動けないタイプだし、そういった面が出てしまったのかも。また仕切り直しですね。

⑯着アンビシャス(横山典騎手) 頑張ったよ。返し馬でも元気が良かった。まだ先があるし、長い目で見てあげてよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事