【ラジオNIKKEI賞】快調 戸崎 年間200勝ペース

公開日:  更新日:

ゼーヴィントの切れ味引き出す

「まだまだミスも多いですし、もっともっと勝ちたいです」

 勝利騎手インタビューでこう答えたのは戸崎。GⅢラジオNIKKEI賞を1番人気ゼーヴィントで制して、これで早くも今年のJRA99勝目となったからだ。

 地方からの転入した13年が3月からの参戦で113勝(全国5位)。翌14年から146勝、130勝と2年連続で全国リーディングを獲得して、名実ともに「JRAトップジョッキー」の称号を手にしている。

 それでも現状では満足せず、「今年はあの2人がいるからこそ、何としてもリーディングを取りたい」と高いモチベーションで臨んでいる。その原動力となっているのが通年で騎乗しているM・デムーロとルメール。彼らからいい刺激を受けているのは間違いない。

「取りこぼしを少なくする」「ひとつひとつ丁寧に乗る」と心掛け、年初の1月5日こそ勝てなかったものの、その後はコンスタントに勝ち星を重ねている。来週に年間100勝到達となれば、14年の9月6日を塗り替える自身最速。このペースならキャリアハイはもちろん、03~05年の武豊以来となる年間200勝だって夢じゃない。

 とはいえ、ここまで順風満帆ではなかったのも確か。

 5月1日の騎乗の際、直線で馬が故障してしまい、落馬するアクシデント。その時に右肩を痛打して、以降はテーピングで固めて、痛み止めを使用。騎乗数をセーブし、ムチだけでまともに追えない状態もあったという。

 だが、翌週からの重賞はGⅠヴィクトリアM勝ちを含め、わずか6週間で①⑪②①②⑥⑧②①着と神懸かり的なパフォーマンスを披露してきた。

「プロフェッショナルですか? いや、本当の一流プロなら休んでいますよ。ボクではまだまだ休んでられないですから」と戸崎は謙遜するが、その心意気、そして現実に結果を残しながらトップを突っ走っている。

 しかも今年は全ジョッキーで最多の502鞍も騎乗しながら、ここまで“制裁点ゼロ!”というのがプロフェッショナルたるゆえんだろう。

 どこまで数字を伸ばすのか。そして、どこまで中身を充実させるか。戸崎圭太の今後から目が離せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る