• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ラジオNIKKEI賞】レース後の談話

①着ゼーヴィント(戸崎騎手) スタートに課題がある馬だけど、おとなしかったことでリズムを掴めましたね。1枠だったので、内で我慢して。隙間を縫うような感じで立ち回れたし、手応えも十分でしたよ。斤量にも恵まれたので、勝たなければいけないなと。馬自身も力をつけてるし、今後が楽しみ。

②着ダイワドレッサー(石川騎手) 2番手からの正攻法。思い通りのレースができましたね。勝ち馬は強かったけど、こちらもラストまでしぶとかったし、いい内容でしたよ。まだ成長の余地もありそうなんで、先々が楽しみです。

③着アーバンキッド(福永騎手) 外枠だったんでねえ。内に潜り込むこともできなかったよ。瞬発力のある馬なんで、直線の長いコースの方が合うと思う。

④着アップクォーク(柴山騎手) 中団から早めに仕掛けていく形を考えていたんですが、スタートの一完歩目が速くなくて、あの位置からになってしまいました。ラストはよく伸びたんですが、開幕週だけに前が止まらなかったですね。

⑤着ブラックスピネル(武豊騎手) ゲート内で突進した後、後ろに下がったところでスタートを切られてしまったよ。この枠(16番)であのスタートじゃ……。しまいは伸びているけど、小回り向きではないし、ハンデも重かった。条件が合わなかったよ。

⑥着ジョルジュサンク(田辺騎手) 途中からまくってくる馬もいたけど、惑わされることなくスムーズに運べましたね。4角もいい手応えで回ってこれたんで何とかしのげるか、と思ったんですけどね。ま、最後はハンデ差もあったかな。

⑦着ナイトオブナイツ(松山騎手) スタートが決まったし、折り合いもついていい感じで運べましたよ。ただ、器用なタイプではないんで、小回りより広いコースの方が合いますね。

⑨着ロードヴァンドール(四位騎手) できればハナにと思ってたけど、内の馬が速かったし、あれ以上は行けなかった。久々の千八でもラストまで止まってないよ。行けない形で競馬したことがいい経験になると思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る