【ラジオNIKKEI賞】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着ゼーヴィント(戸崎騎手) スタートに課題がある馬だけど、おとなしかったことでリズムを掴めましたね。1枠だったので、内で我慢して。隙間を縫うような感じで立ち回れたし、手応えも十分でしたよ。斤量にも恵まれたので、勝たなければいけないなと。馬自身も力をつけてるし、今後が楽しみ。

②着ダイワドレッサー(石川騎手) 2番手からの正攻法。思い通りのレースができましたね。勝ち馬は強かったけど、こちらもラストまでしぶとかったし、いい内容でしたよ。まだ成長の余地もありそうなんで、先々が楽しみです。

③着アーバンキッド(福永騎手) 外枠だったんでねえ。内に潜り込むこともできなかったよ。瞬発力のある馬なんで、直線の長いコースの方が合うと思う。

④着アップクォーク(柴山騎手) 中団から早めに仕掛けていく形を考えていたんですが、スタートの一完歩目が速くなくて、あの位置からになってしまいました。ラストはよく伸びたんですが、開幕週だけに前が止まらなかったですね。

⑤着ブラックスピネル(武豊騎手) ゲート内で突進した後、後ろに下がったところでスタートを切られてしまったよ。この枠(16番)であのスタートじゃ……。しまいは伸びているけど、小回り向きではないし、ハンデも重かった。条件が合わなかったよ。

⑥着ジョルジュサンク(田辺騎手) 途中からまくってくる馬もいたけど、惑わされることなくスムーズに運べましたね。4角もいい手応えで回ってこれたんで何とかしのげるか、と思ったんですけどね。ま、最後はハンデ差もあったかな。

⑦着ナイトオブナイツ(松山騎手) スタートが決まったし、折り合いもついていい感じで運べましたよ。ただ、器用なタイプではないんで、小回りより広いコースの方が合いますね。

⑨着ロードヴァンドール(四位騎手) できればハナにと思ってたけど、内の馬が速かったし、あれ以上は行けなかった。久々の千八でもラストまで止まってないよ。行けない形で競馬したことがいい経験になると思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る