• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【CBC賞】復調M・デムーロ土日メーンV

レッドファルクス豪快差し切り

 陽気なこの男には、やはり笑顔が似合う。CBC賞をレッドファルクスで差し切ったM・デムーロのことだ。

“日本人騎手”として2年目を迎えた今年は、年明けから絶好調。GⅡ京都記念をサトノクラウンで制すと、そこから、GⅢ京都牝馬S→GⅠフェブラリーS→GⅢアーリントンC→GⅡ中山記念と重賞5連勝。さらに、GⅠ桜花賞ではジュエラーで2センチ差の鼻差勝ち。4カ月間で重賞7勝を含む特別戦22勝を挙げ、計58勝でリーディング首位と乗りに乗っていた。

 しかし、皐月賞で潮目が変わった。騎乗したリオンディーズで斜行。2週間の騎乗停止を受けて以降、勝ち鞍が急激にペースダウンしたのだ。

 なかなか勝てずに5月はわずか3勝。6月は8勝と復調の兆しは見せていたものの、②着12回と勝ち切れないレースが多かった。

 このリズムの悪さの象徴が先々週の宝塚記念ではなかったか。愛馬ドゥラメンテが故障発症で②着入線後に下馬。能失で引退を余儀なくされ「ホント、泣いた」(M・デムーロ)そうだ。

“ドゥラロス”も心配された先週の中京競馬。だが、泣いたことでむしろ吹っ切ったのかも。土曜はメーンの豊明S勝ちを含む2勝。きのうも2勝を挙げて迎えたメーンのCBC賞はレッドで大外一気の豪快な追い込みを決めて、桜花賞以来、3カ月ぶりの重賞勝利。これで現役10人目となる重賞50勝を達成と“V字復調”を見せた。

「直線で勝つと思ったよ。重賞50勝は本当にうれしいね。パドックでも“ミルコ、頑張れ”と皆、応援してくれる。これからも頑張ります」

 お得意の“ヒコーキポーズ”も出て、ファンに満面の笑みを見せたM・デムーロ。勢いに乗ると手がつけられないのがこのイタリアンだ。

 人気馬の騎乗が多いゆえ、先週の重賞Vは自身、ファンにとっても待望の1勝となったに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る