• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【七夕賞】レース後の談話

①着アルバートドック(戸崎騎手) 福島でしたからね。スタートを出てくれれば、前で運びたいと思っていました。いい位置を取れて手応えも良かったので、直線も頑張ってくれるなと。乗りやすくてしまいはいい脚を使うし、身のこなしもしっかりしている。これからが楽しみです。

②着ダコール(小牧騎手) 能力はここでも十分足りているんだけど、馬の気持ちにこちらが負けてしまったかな。ゴール前で横に並んでからはフワッとして。馬と馬の間を割るような展開が理想的なんだよな。

③着オリオンザジャパン(内田騎手) 前半はついて行けなかったけど、だからこそラストに脚を使えた。本当は広いコース向きだし、やっぱり芝よりダートの方がいいタイプ。それを考えれば、よく走ってるよ。馬を褒めてあげてほしい。

④着マイネルラクリマ(柴田大騎手) 頑張りましたね。できれば③着が欲しかったけど……。それでも最近の中では復調を感じさせる走り。これからも頑張ってくれると思います。

⑤着クリールカイザー(田辺騎手) メイショウナルトが逃げると思ってたんで、2番手は想定内。切れ勝負では厳しいから手応えのあるうちに上がっていったんですけどね。最後はハンデが重かった分もあるのかな。でも、地力のあるところは見せてくれました。

⑦着バーディーイーグル(吉田豊騎手) 結構いいペースで流れたんで、少し忙しかったです。道中は押っつけ通し。かかえるところがなかったですよ。それでもラストは伸びてくれたんですが。

⑧着ルミナスウォリアー(柴山騎手) 本当は中団につけるつもりが、思ったほど行き脚がつかなかったです。向正面では荒れた馬場に脚を取られたんで外、外を回ることに。展開的に厳しくなってしまいましたね。

⑨着シャイニープリンス(北村友騎手) 馬場のせいなのか、8キロ絞れていた割には走りが重苦しく感じました。春の福島民報杯で勝った時は開幕週の馬場。同じ良馬場でもあの時とはちょっと違っていましたから。

⑩着ヤマニンボワラクテ(藤懸騎手) 前が飛ばして離れた2番手。展開は理想的だったのに、3角過ぎには手応えがなくなってしまいました。先生とも話したんですが、体が減っていたし、状態が本物じゃなかったようです。これが実力じゃないですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  3. 3

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  4. 4

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

  8. 8

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

もっと見る