• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【プロキオンS】ノボバカラに運も味方する

投稿日:  更新日:

千四のスペシャリスト

 一方、中京で行われたプロキオンSではノボバカラがV。

 千四ならお任せあれといったところだろう。

 ノボはデビューから今年3月までは千六~千八を主戦場に。そんな中でGⅢユニコーンS②着など一定の成績を挙げてはいた。しかし、古馬との混合戦では連続③着などもあり、勝ち星からは遠ざかることに。

 そこで陣営は距離を縮めて千四にシフト。いきなり3月中京の準オープンで惜敗続きの鬱憤を晴らすと、その後はオープン特別・コーラルS、交流重賞のかきつばた記念まで3連勝を決めた。

 千二の前走・北海道スプリントCこそ②着に敗れたが、再度、千四に戻したプロキオンS勝ち。これでこの距離は4勝目となった。

JBCスプリントが今年は条件好転

 そんな7Fのスペシャリストに今年は運も向いている。千四ダートのGⅠは中央では施行されておらず、地方競馬でもない年が多い。11月3日に行われる交流GⅠのJBCスプリントも、一昨年の盛岡、昨年の大井では千二だった。それが、今年は川崎開催ということで、得意の千四で行われるのだ。

 管理する天間師もレース後にこう語った。

「この後は一息入れて、(9月の)テレ玉杯オーバルスプリントからJBCへ行きます」
 同時に「両方に乗れる騎手も探します」とも。

 M・デムーロとは3戦3勝と抜群の相性だが、デムーロには重賞7勝でJBCスプリントを狙うお手馬ダノンレジェンドがいるため。ノボにとってはまさに“きのうの友はきょうの敵”になりそう。とはいえ、秋の大舞台が楽しみになったことだけは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る