• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【プロキオンS】レース後の談話

①着ノボバカラ(M・デムーロ騎手) いつもいいレースをしてくれる馬ですね。きょうはメンバーが強かったし、危ないところもあった。いつもはほかの馬を待つようなところがあるんだけど、並ばれそうになってから伸びてくれる。頑張ってくれたよ。芝スタートも上手に出てくれたし、これからが楽しみ。

②着ニシケンモノノフ(庄野調教師) 速い流れになったし、前を捕まえられると思ったんだけどね。勝った馬が強かった。こんな競馬をしても勝てないのかなあ。

③着キングズガード(川田騎手) 初めての重賞挑戦でよく頑張ってくれたと思います。やっぱりいい馬ですね。きょうも最
後はいい脚を使ってくれましたよ。

④着ブライトライン(石橋騎手) イメージ通りの競馬はできましたよ。4角ではノボバカラの後ろにつけていけました。ただ、追ってから左にモタれるような格好になってしまって……。

⑤着グレープブランデー(和田騎手) 返し馬からフワフワしてました。道中は少し周りを気にしながら走っていたし、もう少しハミを噛みながら走れてたらビュッとした脚を使えたかな。きょうでもジリジリと伸びているんですけどね。

⑥着ダノングッド(丸田騎手) 重賞でも通用すると思って期待していたんです。ただ、外から勝ち馬に並びかけられたところで、ひるむようなところを見せていました。そこから盛り返してくれたんですけどね。

⑦着カフジテイク(幸騎手) 外に出してからはハミをとって伸びてくれたんですけど、なかなか前も止まってくれませんでした。

⑪着タガノトネール(松若騎手) 他馬が速く、少しひるんでしまって行き脚がなかなかつきませんでした。手応えも早々となくなったし……。ちょっと分からないですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る