• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【プロキオンS】レース後の談話

①着ノボバカラ(M・デムーロ騎手) いつもいいレースをしてくれる馬ですね。きょうはメンバーが強かったし、危ないところもあった。いつもはほかの馬を待つようなところがあるんだけど、並ばれそうになってから伸びてくれる。頑張ってくれたよ。芝スタートも上手に出てくれたし、これからが楽しみ。

②着ニシケンモノノフ(庄野調教師) 速い流れになったし、前を捕まえられると思ったんだけどね。勝った馬が強かった。こんな競馬をしても勝てないのかなあ。

③着キングズガード(川田騎手) 初めての重賞挑戦でよく頑張ってくれたと思います。やっぱりいい馬ですね。きょうも最
後はいい脚を使ってくれましたよ。

④着ブライトライン(石橋騎手) イメージ通りの競馬はできましたよ。4角ではノボバカラの後ろにつけていけました。ただ、追ってから左にモタれるような格好になってしまって……。

⑤着グレープブランデー(和田騎手) 返し馬からフワフワしてました。道中は少し周りを気にしながら走っていたし、もう少しハミを噛みながら走れてたらビュッとした脚を使えたかな。きょうでもジリジリと伸びているんですけどね。

⑥着ダノングッド(丸田騎手) 重賞でも通用すると思って期待していたんです。ただ、外から勝ち馬に並びかけられたところで、ひるむようなところを見せていました。そこから盛り返してくれたんですけどね。

⑦着カフジテイク(幸騎手) 外に出してからはハミをとって伸びてくれたんですけど、なかなか前も止まってくれませんでした。

⑪着タガノトネール(松若騎手) 他馬が速く、少しひるんでしまって行き脚がなかなかつきませんでした。手応えも早々となくなったし……。ちょっと分からないですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る