【中京記念】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着ガリバルディ(福永騎手) はまったね(笑い)。スタート後に挟まれてあの位置からに。でも、うまくペースにはめ込むことができたよ。直線では前がガラッとあいた。良馬場でできたのが良かったし、(ディープ産駒でも)パワーがある馬だからこの馬場もこなせたね。

②着ピークトラム(小牧騎手) 完璧に乗れたけどね。思った以上にいい位置を取れたし、道中のペースも上がらなかったから“シメシメ”と。ただ、人間の力が入りすぎたのか、ステッキに反応したら内に行ってしまって。でも、自在性があるし、重賞でここまでやれるから力があるよ。

③着ケントオー(和田騎手) ゲートを出てから進んで行かなかった。もう少し流れてくれて、もうひとつ前の位置を取れていたら、もっと楽に競馬できたけどね。決め手はあるし、(重賞でも)チャンスがあるよ。

④着ダンスアミーガ(デュプレシス騎手) 休み明けでも折り合いがついて、リズム良く運べました。ただ、外に出すことができなかったし、ゴール前もよられて。でも、重賞を勝つ力はありますね。

⑤着ダノンリバティ(武豊騎手) 流れに乗って競馬ができたけど、直線を向いたところでもたついて、上位馬に離されてしまったね。ラストはジリジリ来ているけど、その辺(の瞬発力)が課題かな。

⑩着ダッシングブレイズ(ルメール騎手) 4角で忙しかったね。直線の反応も少しだけ。瞬発力がなかった。ちょっとよく分からない。

⑫着トウショウドラフタ(田辺騎手) ポジションを取りにいくとリスクがありますからね。返し馬は落ち着いていましたが、前半のペースが落ち着いたこともあり、力んでいました。それに外に出してやることができず馬場の悪いところを通らされましたからね。千六自体を考えないといけないかも。

⑯着マイネルアウラート(松山騎手) 流れに乗って競馬できましたが、直線で(挟まれる)アクシデントがありましたから……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る