【中京記念】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着ガリバルディ(福永騎手) はまったね(笑い)。スタート後に挟まれてあの位置からに。でも、うまくペースにはめ込むことができたよ。直線では前がガラッとあいた。良馬場でできたのが良かったし、(ディープ産駒でも)パワーがある馬だからこの馬場もこなせたね。

②着ピークトラム(小牧騎手) 完璧に乗れたけどね。思った以上にいい位置を取れたし、道中のペースも上がらなかったから“シメシメ”と。ただ、人間の力が入りすぎたのか、ステッキに反応したら内に行ってしまって。でも、自在性があるし、重賞でここまでやれるから力があるよ。

③着ケントオー(和田騎手) ゲートを出てから進んで行かなかった。もう少し流れてくれて、もうひとつ前の位置を取れていたら、もっと楽に競馬できたけどね。決め手はあるし、(重賞でも)チャンスがあるよ。

④着ダンスアミーガ(デュプレシス騎手) 休み明けでも折り合いがついて、リズム良く運べました。ただ、外に出すことができなかったし、ゴール前もよられて。でも、重賞を勝つ力はありますね。

⑤着ダノンリバティ(武豊騎手) 流れに乗って競馬ができたけど、直線を向いたところでもたついて、上位馬に離されてしまったね。ラストはジリジリ来ているけど、その辺(の瞬発力)が課題かな。

⑩着ダッシングブレイズ(ルメール騎手) 4角で忙しかったね。直線の反応も少しだけ。瞬発力がなかった。ちょっとよく分からない。

⑫着トウショウドラフタ(田辺騎手) ポジションを取りにいくとリスクがありますからね。返し馬は落ち着いていましたが、前半のペースが落ち着いたこともあり、力んでいました。それに外に出してやることができず馬場の悪いところを通らされましたからね。千六自体を考えないといけないかも。

⑯着マイネルアウラート(松山騎手) 流れに乗って競馬できましたが、直線で(挟まれる)アクシデントがありましたから……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る