【中京記念】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着ガリバルディ(福永騎手) はまったね(笑い)。スタート後に挟まれてあの位置からに。でも、うまくペースにはめ込むことができたよ。直線では前がガラッとあいた。良馬場でできたのが良かったし、(ディープ産駒でも)パワーがある馬だからこの馬場もこなせたね。

②着ピークトラム(小牧騎手) 完璧に乗れたけどね。思った以上にいい位置を取れたし、道中のペースも上がらなかったから“シメシメ”と。ただ、人間の力が入りすぎたのか、ステッキに反応したら内に行ってしまって。でも、自在性があるし、重賞でここまでやれるから力があるよ。

③着ケントオー(和田騎手) ゲートを出てから進んで行かなかった。もう少し流れてくれて、もうひとつ前の位置を取れていたら、もっと楽に競馬できたけどね。決め手はあるし、(重賞でも)チャンスがあるよ。

④着ダンスアミーガ(デュプレシス騎手) 休み明けでも折り合いがついて、リズム良く運べました。ただ、外に出すことができなかったし、ゴール前もよられて。でも、重賞を勝つ力はありますね。

⑤着ダノンリバティ(武豊騎手) 流れに乗って競馬ができたけど、直線を向いたところでもたついて、上位馬に離されてしまったね。ラストはジリジリ来ているけど、その辺(の瞬発力)が課題かな。

⑩着ダッシングブレイズ(ルメール騎手) 4角で忙しかったね。直線の反応も少しだけ。瞬発力がなかった。ちょっとよく分からない。

⑫着トウショウドラフタ(田辺騎手) ポジションを取りにいくとリスクがありますからね。返し馬は落ち着いていましたが、前半のペースが落ち着いたこともあり、力んでいました。それに外に出してやることができず馬場の悪いところを通らされましたからね。千六自体を考えないといけないかも。

⑯着マイネルアウラート(松山騎手) 流れに乗って競馬できましたが、直線で(挟まれる)アクシデントがありましたから……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る