• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【函館2歳S】レース後の談話

①着レヴァンテライオン(三浦騎手) 最初に乗った時からすごく期待していたので、ホッとしました。道中、ちょっと押さえるシーンがありましたが、その後は体を上手に使った走り。枠も良かったから、出ていくのが“ちょっと早いかな”という感じで強気に乗りました。よくしのいでくれましたね。

②着モンドキャンノ(戸崎騎手) きょうは前半の流れがちょっとキツかったですね。負けはしましたが、こういう競馬ができたのは先につながると思いますよ。

③着タイムトリップ(丸山騎手) インの好位で我慢して走ってくれました。センスありますね。直線でも前があいてジリジリ伸びてくれました。まだトモが緩いのにこれだけやれるんだから、力はありますよ。

④着メローブリーズ(古川騎手) ②着馬がいたポジションに入りたかったんだけどなあ。ま、それでも2戦目でしっかり脚を使ってくれた。千二向きじゃないのに、真面目な気性と能力でこなしてくれたね。

⑤着ドゥモワゼル(池添騎手) 間隔が詰まってたので、気合が乗ってカリカリしてた。レースでは折り合いがついてたけど。枠もあって外、外を回らされた割に、最後までジリジリ伸びてくれたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る