【アイビスSD】5歳ベルカント連覇で今年もサマーチャンプが見えた

公開日:  更新日:

都知事選だけじゃなかったオバさんたちが強すぎる!

 越後路のスピードスターは今年もこの人馬だ!M・デムーロ=ベルカントがアイビスサマーダッシュ連覇を達成した。

 昨年はピンク帽で外ラチ沿い一直線に2馬身差のV。今年は斤量が1キロ増えた上に内めの4番枠を引いたが、それをモノともしなかった。

 好スタートから外に寄せて行って道中はネロの1馬身後ろでピッタリとマーク。大外枠からロスなく逃げてる分、相手もかなりしぶとかった。

 最後はマッチレースになり、たたき合いを頭差制したところがゴール。勝ちタイム54秒1は昨年と全く同じだ。

 終わってみれば、1~4番人気がそのまま①~④着する順当な結果に。まぎれが起こりづらい少頭数の直線競馬なら、適性が一枚上だったということ。

M・デムーロは直線競馬通算で6戦4勝

 ベルカントの快速ぶりもさることながら、鞍上のコース巧者ぶりもキラリと光った。

「ボクは直線競馬が大好き」と語っていたようにM・デムーロは初参戦の昨年から新潟千直は6回騎乗して〈4101〉。先週は土曜の閃光特別もアースエンジェルで勝っている。

 きのうも枠順のロスを最小限に抑える完璧なエスコート。今後もこの舞台ではデムーロにより注意を払っていきたい。

 さて、これでサマースプリントシリーズのポイント争いでも計14点で単独首位に立ったベルカント。こちらの連覇も狙うべく、次は昨年同様に北九州記念に向かう。

 同じハンデ戦だったCBC賞が55・5キロ。今回の勝利で斤量加算は免れないだけに、今年は斤量との戦いになりそう。

 なお、その後はスプリンターズSを使って、年内いっぱいで繁殖入り。来年はキズナとの交配を予定していることを、ノースヒルズ代表の前田幸治氏が明かしている。

 2年連続シリーズ王者なら、さらに箔が付いての嫁入りになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る