日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【アイビスSD】レース後の談話

①着ベルカント(M・デムーロ騎手) スタートの(4枠4番で)場所が悪かったけど、いい脚を使ってくれると思って2番手で行った。ネロも頑張ってたんで、結構ムチを入れたよ。最後にかわしてくれてよかった。イメージ通りのレース。同じ馬で連覇できてとてもうれしいね。

②着ネロ(内田騎手) 1頭になるとフワついてしまうので、いかに後ろからつついてもらうかがポイントだったんだ。その意味では理想的な競馬だったよ。ただ、勝ち馬は持ったままで来てたし、最後の最後に前に出られてしまったよ。相手はダテに重賞を勝っていないね。

③着プリンセスムーン(北村友騎手) 今までで一番いいスタートを切ってくれたし、流れに乗っていけました。ただ、千直の速い流れとはいえ①②着馬のペース配分になってしまったかな。その分、ラストは同じ脚色になってしまいました。

④着アットウィル(蛯名騎手) 千直は初めてだったからね。道中で一瞬、離されてしまったな。ラストはよく伸びているけど、この距離では詰め切れなかったよ。

⑤着ローズミラクル(吉田隼騎手) 3番枠の分、壁をつくれなかった。もう少し外枠なら上位馬の後ろにつけてためを利かすこともできたんですが。このメンバー相手によく頑張ってます。

⑥着アースソニック(石橋騎手) スタートを決めたまではよかったんだけど、その後はずっと左に張ってましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事