【アイビスSD】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着ベルカント(M・デムーロ騎手) スタートの(4枠4番で)場所が悪かったけど、いい脚を使ってくれると思って2番手で行った。ネロも頑張ってたんで、結構ムチを入れたよ。最後にかわしてくれてよかった。イメージ通りのレース。同じ馬で連覇できてとてもうれしいね。

②着ネロ(内田騎手) 1頭になるとフワついてしまうので、いかに後ろからつついてもらうかがポイントだったんだ。その意味では理想的な競馬だったよ。ただ、勝ち馬は持ったままで来てたし、最後の最後に前に出られてしまったよ。相手はダテに重賞を勝っていないね。

③着プリンセスムーン(北村友騎手) 今までで一番いいスタートを切ってくれたし、流れに乗っていけました。ただ、千直の速い流れとはいえ①②着馬のペース配分になってしまったかな。その分、ラストは同じ脚色になってしまいました。

④着アットウィル(蛯名騎手) 千直は初めてだったからね。道中で一瞬、離されてしまったな。ラストはよく伸びているけど、この距離では詰め切れなかったよ。

⑤着ローズミラクル(吉田隼騎手) 3番枠の分、壁をつくれなかった。もう少し外枠なら上位馬の後ろにつけてためを利かすこともできたんですが。このメンバー相手によく頑張ってます。

⑥着アースソニック(石橋騎手) スタートを決めたまではよかったんだけど、その後はずっと左に張ってましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る