【レパードS】戸崎の勢いが止まらない

公開日:  更新日:

グレンツェントの勝利で夏ローカル重賞3勝目

 一方、新潟のGⅢレパードSは2番人気グレンツェントが重賞初V。②着に1番人気ケイティブレイブで馬連260円、③着に6番人気レガーロで3連単6040円と、小倉記念とは打って変わって堅い決着となった。

 レースは武豊ケイティブレイブが前半3Fで35秒6で飛ばしたが、その後は12秒6―12秒5―12秒6と息を入れる展開。グレンツェントは後方待機だった前走のユニコーンSとは一転、好位5番手から。直線でいったんは差を広げたケイティを一完歩ごとに詰め寄り、ゴール前で計ったようにとらえてみせた。

 それにしても、戸崎の勢いが凄い。むしろ、夏ローカルで“加速”している感すらある。

 福島開催では18勝をマーク。2位蛯名(7勝)にダブルスコアをつけてリーディングを獲得した。新潟に替わっても開幕週は土曜に3勝(日曜は札幌)。先週も土日で5勝を挙げて、単独トップに立っている。

 夏の重賞もラジオNIKKEI賞=ゼーヴィント、七夕賞=アルバートドックと福島で2連勝。函館2歳Sのモンドキャンノこそ②着だったが、先週で早くも3勝目だ。

 全国リーディングでは122勝で、2位ルメールとは16勝差。まさに独走状態に突入した。この勢いはまだまだ止まりそうもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る