• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【レパードS】戸崎の勢いが止まらない

グレンツェントの勝利で夏ローカル重賞3勝目

 一方、新潟のGⅢレパードSは2番人気グレンツェントが重賞初V。②着に1番人気ケイティブレイブで馬連260円、③着に6番人気レガーロで3連単6040円と、小倉記念とは打って変わって堅い決着となった。

 レースは武豊ケイティブレイブが前半3Fで35秒6で飛ばしたが、その後は12秒6―12秒5―12秒6と息を入れる展開。グレンツェントは後方待機だった前走のユニコーンSとは一転、好位5番手から。直線でいったんは差を広げたケイティを一完歩ごとに詰め寄り、ゴール前で計ったようにとらえてみせた。

 それにしても、戸崎の勢いが凄い。むしろ、夏ローカルで“加速”している感すらある。

 福島開催では18勝をマーク。2位蛯名(7勝)にダブルスコアをつけてリーディングを獲得した。新潟に替わっても開幕週は土曜に3勝(日曜は札幌)。先週も土日で5勝を挙げて、単独トップに立っている。

 夏の重賞もラジオNIKKEI賞=ゼーヴィント、七夕賞=アルバートドックと福島で2連勝。函館2歳Sのモンドキャンノこそ②着だったが、先週で早くも3勝目だ。

 全国リーディングでは122勝で、2位ルメールとは16勝差。まさに独走状態に突入した。この勢いはまだまだ止まりそうもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る