日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【小倉記念】レース後の談話

①着クランモンタナ(和田騎手) 先生(音無師)から行けるところでと。自分の判断以上にいいところにつけられました。ただ、予想以上にズブくて。ホント、全然走ってない(苦笑い)。今週のケイコに乗った感じから“馬に負けないように”と。乗り味は良かったので、人気はないけど自信を持って乗りました。

音無調教師 3角手前からステッキを入れてたからズブいよね(笑い)。和田君が最後まで追ってくれたことが勝因。ホントは風馬(松若騎手)に乗せようと思ったけど、先約があってね。ただ、追い切りに乗って「こんないい馬が回ってくるなんて」と言っていたんだよ。

②着ベルーフ(ホワイト騎手) 4角で外に振られてしまって。あそこで1馬身、2馬身のロスがありました。

③着エキストラエンド(浜中騎手) 年齢的なものもあるので、リズム良く、ためてひと脚を使う競馬をしました。今はマイルじゃ忙しい感じなので、距離は二千くらいが合っていますよ。

④着ダコール(小牧騎手) うまいことさばけたけど、直線で(マーティンボロに寄られる)不利があったからね。最低③着は来てほしかった。すいません。

⑤着マーティンボロ(藤岡佑騎手) スムーズに走れて、早めにきたアングライフェンを行かせてから、ひと呼吸待てたんですが、残り150メートルでアゴが上がって。折り合い面には進境を見せてくれたんですが……。

⑥着テイエムイナズマ(古川騎手) 一番いいところを通れて、折り合いもバッチリ。う~ん、休み明けの分なのかな。

⑦着サトノラーゼン(池江調教師) 気持ちの問題なのかな。馬は良くなっていただけに自信を持っていたんですよ。逃げるか、後方から外差しするか、ベルーフのような思い切った競馬をした方がいいのかな。

⑨着アングライフェン(川田騎手) ゲートを出て行かなくて、あの位置から。馬任せに動いていったんですが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事