【小倉記念】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着クランモンタナ(和田騎手) 先生(音無師)から行けるところでと。自分の判断以上にいいところにつけられました。ただ、予想以上にズブくて。ホント、全然走ってない(苦笑い)。今週のケイコに乗った感じから“馬に負けないように”と。乗り味は良かったので、人気はないけど自信を持って乗りました。

音無調教師 3角手前からステッキを入れてたからズブいよね(笑い)。和田君が最後まで追ってくれたことが勝因。ホントは風馬(松若騎手)に乗せようと思ったけど、先約があってね。ただ、追い切りに乗って「こんないい馬が回ってくるなんて」と言っていたんだよ。

②着ベルーフ(ホワイト騎手) 4角で外に振られてしまって。あそこで1馬身、2馬身のロスがありました。

③着エキストラエンド(浜中騎手) 年齢的なものもあるので、リズム良く、ためてひと脚を使う競馬をしました。今はマイルじゃ忙しい感じなので、距離は二千くらいが合っていますよ。

④着ダコール(小牧騎手) うまいことさばけたけど、直線で(マーティンボロに寄られる)不利があったからね。最低③着は来てほしかった。すいません。

⑤着マーティンボロ(藤岡佑騎手) スムーズに走れて、早めにきたアングライフェンを行かせてから、ひと呼吸待てたんですが、残り150メートルでアゴが上がって。折り合い面には進境を見せてくれたんですが……。

⑥着テイエムイナズマ(古川騎手) 一番いいところを通れて、折り合いもバッチリ。う~ん、休み明けの分なのかな。

⑦着サトノラーゼン(池江調教師) 気持ちの問題なのかな。馬は良くなっていただけに自信を持っていたんですよ。逃げるか、後方から外差しするか、ベルーフのような思い切った競馬をした方がいいのかな。

⑨着アングライフェン(川田騎手) ゲートを出て行かなくて、あの位置から。馬任せに動いていったんですが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る