【小倉記念】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着クランモンタナ(和田騎手) 先生(音無師)から行けるところでと。自分の判断以上にいいところにつけられました。ただ、予想以上にズブくて。ホント、全然走ってない(苦笑い)。今週のケイコに乗った感じから“馬に負けないように”と。乗り味は良かったので、人気はないけど自信を持って乗りました。

音無調教師 3角手前からステッキを入れてたからズブいよね(笑い)。和田君が最後まで追ってくれたことが勝因。ホントは風馬(松若騎手)に乗せようと思ったけど、先約があってね。ただ、追い切りに乗って「こんないい馬が回ってくるなんて」と言っていたんだよ。

②着ベルーフ(ホワイト騎手) 4角で外に振られてしまって。あそこで1馬身、2馬身のロスがありました。

③着エキストラエンド(浜中騎手) 年齢的なものもあるので、リズム良く、ためてひと脚を使う競馬をしました。今はマイルじゃ忙しい感じなので、距離は二千くらいが合っていますよ。

④着ダコール(小牧騎手) うまいことさばけたけど、直線で(マーティンボロに寄られる)不利があったからね。最低③着は来てほしかった。すいません。

⑤着マーティンボロ(藤岡佑騎手) スムーズに走れて、早めにきたアングライフェンを行かせてから、ひと呼吸待てたんですが、残り150メートルでアゴが上がって。折り合い面には進境を見せてくれたんですが……。

⑥着テイエムイナズマ(古川騎手) 一番いいところを通れて、折り合いもバッチリ。う~ん、休み明けの分なのかな。

⑦着サトノラーゼン(池江調教師) 気持ちの問題なのかな。馬は良くなっていただけに自信を持っていたんですよ。逃げるか、後方から外差しするか、ベルーフのような思い切った競馬をした方がいいのかな。

⑨着アングライフェン(川田騎手) ゲートを出て行かなくて、あの位置から。馬任せに動いていったんですが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る