• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【レパードS】レース後の談話

①着グレンツェント(戸崎騎手) 初めての騎乗で手探りだったけど、スタートを決めてスムーズなレースができました。(ケイティブレイブは)逃げたら強いのは分かっていましたから。手応えもあったので、とらえられる位置で。やはり伸び脚はいいものがありましたよ。これだけの内容で重賞を勝てたし、これからが楽しみですね。

②着ケイティブレイブ(武豊騎手) 自分の競馬はできたんじゃないかな。決め手勝負では分が悪いんで、緩みないペースで運んだよ。直線入り口ではセーフティーリードと思ったんだけどな。最後に1頭だけ差してきたね。惜しかった。

③着レガーロ(田辺騎手) 内枠が良くなかったですね。行く馬を行かせてから、外に切り返す形にしたんですが、持ち出すまでに少し時間がかかってしまいました。ラストは手応え以上に伸びてくれたんですが。

④着ピットボス(内田騎手) 逃げ馬の後ろでつかず離れずと思っていたんだけど、2角でスッと離されてしまった。あそこで逃げる格好になってブレーキをかけてしまったよ。直線も併せ馬の形にできなかった。まだ若さはあるけど、能力はある。これから良くなるよ。

⑥着マイネルバサラ(柴田大騎手) 砂をかぶるとブレーキをかけるし、外に出すとガツンとハミを取ってしまう。まだ気性が若くて極端な走りなんですよね。それでも、ここまで頑張ってるし、力はありますよ。コントロールが利くようになればもっとやれますよ。

⑦着ネクストムーブ(M・デムーロ騎手) スタートは出たんだけど、1角で狭くなって下げる形に。初めて行けない競馬になって、砂をかぶって嫌がっていたよ。それに4角で少し狭くなったね。直線は外に出してからよく伸びたけど、時すでに遅しだった。パワーは十分あるし、キャリアを積めば、秋は楽しみな馬になるよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る