【関屋記念】ひとたたきでダノンリバティ一変

公開日:  更新日:
ケイコ駆けする相手(手前)と併入(C)日刊ゲンダイ

大型馬らしからぬ軽快さ目立つ

 3カ月の休養明けだった中京記念が0秒3差の⑤着。当時も仕上がり自体は良く思えたが、500キロ超の大型馬だけに、ひとたたきで上向いてきた印象だ。

 けさの併走パートナーは3歳馬でも攻め駆けするタイプ。その相手が目いっぱいに追われるのとは対照的な動きで…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る