凱旋門賞に向けてマカヒキ順調そのもの

公開日:  更新日:

凱旋門賞に挑戦するダービー馬マカヒキが、けさCウッドで追い切りを行なった。馬なりで7F96秒9―81秒5―66秒7―51秒5―37秒9―12秒1をマーク。内からあっさりと併せたアドマイヤキズナをかわし、半馬身先着した。これまでのレースと同様に、ラストは凄い伸びを見せている。

追い切りを終えた後、ルメールは「ベリーグッドフィーリング。とてもリラックスして、ストライドもとてもスムーズ。直線の反応も強かったです。ラスト200㍍は自分で走ってた。いいコンディション。弥生賞よりパワーアップしています」とコメント。

今後は13日に栗東トレセン内の検疫厩舎に移動。17日に日本での最終追い切りを行い、19日に日本を経つ予定。

フランスでは日本人調教師の小林智厩舎に滞在して調整。ステップとして9月11日のGⅡニエル賞(3歳限定戦)に出走する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る