• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【関屋記念】ヤングマンパワーこの強さは本物

戸崎との相性も抜群

 GⅢ関屋記念は3番人気ヤングマンパワーが昨年のGⅢアーリントンC以来、2つ目の重賞タイトルをゲット。1番人気マジックタイムは③着。2番人気ロサギガンティアは⑤着に終わった。

 レースはスタート直後に先手争いが激しくなって、前半3~5Fは34秒4―57秒1のハイペースに。勝ったヤングマンパワーは中団よりやや前の外めを追走。直線に入ると、馬場の真ん中から先に抜け出した7番人気ダノンリバティとのたたき合いを首差制した。

 昨年③着から1年経ってパワーアップ――。

 本紙・外山記者が週末特別版の終面で指摘していたように、4歳を迎えた今年は馬が大幅に地力をつけてきた。

 初戦こそ⑧着だが、2戦目の福島民報杯は初めての二千で②着と好走。続く谷川岳Sでも首差②着すると、準オープンに降級した多摩川Sでは58キロを背負って好タイム勝ち。そして、先週の関屋記念勝ちにつなげていった。

 勝ち時計の1分31秒8はレコードに0秒3及ばなかったものの、最近10年間で2番目タイ。ヤング自身、昨年③着時の1分32秒8から1秒も詰めたことも、充実ぶりを物語っている。

 今後は「いったん放牧に出して、富士SからマイルCS」(手塚師)。賞金を加算できたことでゆったりとしたローテーションが組めるはず。

 そして、鞍上・戸崎は先日のレパードSに引き続き、2週連続での重賞V。まさに、“飛ぶ鳥を落とす勢い”と言っていい。そんな戸崎とヤングマンパワーはこれで2戦2勝と相性抜群だ。人馬ともに秋が非常に楽しみになる一戦だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る