【エルムS】リッカルドにあって他の人気馬になかった〝使っている強み〟

公開日:  更新日:

 札幌で行われたダート重賞のGⅢエルムSは7番人気の低評価だったリッカルドだった。

 終わってみれば、“サプライズ”な勝ちっぷりだ。リッカルドはオープン初戦が重賞初挑戦という状況下。それが抜群の手応えで4角手前から外めを進出の横綱相撲だ。最後はきっちり競り勝ったのだから、正直、驚きの重賞Vといえよう。

 もちろんこの内容だからリッカルド自身が力をつけているのは確かだろうが、他にも勝因を探せば、使っている強みがあったことかもしれない。

 ダート中距離路線で直近の重賞は5月の平安Sが最後。その後は6月に地方交流のGⅠ帝王賞などはあるものの、いわば今は“空白期間”。重賞実績馬にこのエルムSは是が非でも取りにいくというよりも、秋の重賞戦線や“JBC”をはじめとする大舞台へのステップとすることも多い。

 実際に格下馬に②着と競り負けたクリノスターオーやロワジャルダン、ジェベルムーサと重賞勝ちのある馬は揃って今回が休養明け。逆にリッカルドは7月に福島で準オープンを勝ち上がってきた。使っている強みと、勢いを最大限に生かした形である。

 これは夏競馬後半や、秋競馬開幕直後などでよくあるパターン。頭に入れておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る