• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【関屋記念】レース後の談話

①着ヤングマンパワー(戸崎騎手) レースが上手な馬ですから。スタートを出てくれたので、ある程度いい位置につけたいなと。外から(レッドアリオンに)来られたのは誤算でしたが、すぐに我慢してくれました。手応えは十分だったし、前走で脚があることも分かってたからタイミングを見て追い出しました。力をつけてると思うし、この先も楽しみですよ。
②着ダノンリバティ(松若騎手) 最近、後ろから運んで届かないパターンが続いていたんで、きょうは思い切ってポジションを取って勝ちにいく競馬をしました。道中は前が引っ張ってくれてスムーズに流れに乗れたんですけどね。直線ではアテにしていたロサギガンティアがバテてしまい、早めに先頭に立ってしまったのが痛かったです。

③着マジックタイム(ルメール騎手) いいポジションを取れたし、道中はリラックスした走り。直線も徐々にギアが上がっていい伸びを見せてくれたよ。きょうはノーエクスキューズ(言い訳なし)だね。

④着ダンスアミーガ(石橋騎手) 今まで乗った中で一番のデキに感じたね。途中からペースが上がったけど、あそこで下げるわけにもいかなかったし、そのまま流れに乗っていったよ。最後はその分もあって苦しくなったけど、これくらい走れていい馬だから。

⑤着ロサギガンティア(M・デムーロ騎手) 安田記念では出遅れたけど、きょうはちゃんとゲートを出てくれた。距離や体調に関しては何の問題もなかったのに、直線は自分から走るのをやめてしまったよ。以前は併せる形ならファイトしてくれたんだけどね。メンタルの問題かな。

⑥着ラングレー(蛯名騎手) 初めて乗ったが、いい馬だったよ。ラストも頑張って伸びてはいたけど、少し暑さがこたえている感じもあったね。

⑨着ケントオー(和田騎手) 以前と比べてズブさが増してきているね。きょうの馬場、時計ではある程度の位置が取れないと苦しいね。

⑪着ピークトラム(小牧騎手) いい競馬はできたけど、まだまだだね。これまでの好走は外枠からスムーズに流れに乗れた時、きょうのように馬混みの中での競馬は良くないかも。ひるんでる感じはなかったけど、伸びてくれなかったよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  2. 2

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  3. 3

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  4. 4

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  5. 5

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  6. 6

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  7. 7

    “三選”か“一寸先は闇”となるか…注目は小沢、小泉に船田元

  8. 8

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  9. 9

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  10. 10

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

もっと見る