【エルムS】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着リッカルド(黛騎手) いい場所が取れましたからね。外からまくってきた馬と一緒にジワジワと上がって行けました。“自分から動いて”との指示通りに行けましたし、反応も良くて“この手応えなら前をかわせる”と。競馬が上手で持ち味が出せました。

②着クリノスターオー(幸騎手) 4角で外から勝ち馬が動いた時、ズブくなったのが。あそこがウイークポイントなんですよねえ。そこから脚を使ったんですが、距離がもっとあったら差し返していたと思います。

③着モンドクラッセ(柴山騎手) 楽に先手が取れて、自分のペースで行けたと思います。ただ、人気だっただけに他馬の目標になってしまいましたから……。

④着ロワジャルダン(モレイラ騎手) スタートが良かったし、いいポジションで流れに乗れた。能力を感じたけれど、きょうは前が残る形になってしまったのがね。

⑤着ヒラボクプリンス(吉田隼騎手) 勝負どころで置かれた時、④着馬に入られてしまって。そこで手綱を引く場面があった。もう少しスムーズだったら……。

⑥着ブライトライン(福永騎手) ス~ッと上がって行けたんやけど、勝ち馬が来た時に踏ん張れなかった。頑張ってくれたんだけど。

⑦着ジェベルムーサ(大竹調教師) 思った以上にゲートを出て、“アレッ”と。トモの張り、状態が良すぎてしまったからなのかな。最後まで自分の競馬ができなかった。

⑫着ショウナンアポロン(松岡騎手) ハナに行くつもりだったけど、体が減っていたし、元気もなく、返し馬から進んで行かなかった。暑さに弱いのかなあ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る