矢野吉彦
著者のコラム一覧
矢野吉彦「ウイニング競馬」実況担当

1960年、東京都出身。文化放送入社後、フリーになり、90年からテレビ東京系「ウイニング競馬」でメーンレースの実況を担当。趣味は地方、ばんえいなど全国の競馬場巡り。海外の競馬にも詳しい。

<第6回>北海道へ行ったら門別競馬場まで足を延ばしてみてはいかがですか

公開日:  更新日:
2004年第58回 ラジオ日本賞セントライト記念(C)日刊ゲンダイ

 ハイセイコー(大井)、イナリワン(同)、オグリキャップ(笠松)、トロットサンダー(浦和)、トウカイポイント(盛岡)、2歳時には旭川、門別を走ったコスモバルク(ホッカイドウ)……。競馬ファンならご存じの、地方から中央(JRA)へ移籍してGⅠ(海外含む)を制した名馬たちです。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る