• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【北九州記念】バクシンテイオー突き抜けた

今年〈6012〉小倉で勝つ秘訣は〝しがらき〟

 小倉で行われた「サマースプリントシリーズ」第4戦の北九州記念を勝ったのも堀厩舎。バクシンテイオーが重賞初制覇を決めた。

 この重賞勝ちにも厩舎力が表れていると言っていいだろう。

 小倉は東西で分ければもちろん、西のローカル競馬場という扱い。関東勢は出走数自体がハナから少ないのが普通だ。しかし、その普通にとらわれないのがこの堀厩舎である。

 北九州記念を含めた先週終了時点で、今年の小倉開催リーディングでは関西トップステーブルのひとつ、藤原英厩舎と並んでトップの6勝。②着の回数の差で順位こそ2位だが、〈6012〉でナント、勝率・667。まさにピンポイントで勝負に出て、実際に勝っているところが凄い。

 さらにその勝ち鞍を挙げた馬たちの調整過程をみると、興味深いところがある。きのうのバクシンテイオーもそうだが、栗東近郊のノーザンファームしがらきでの調整を経て小倉入り。そして競馬場で調整し、結果を出している。

 そう、小倉で出走する際には美浦で調整することはなく、多くの関西馬が利用している“しがらき”を使って勝ち星を積み重ねてきたのだ。

 勝つための最善策は何なのか。それまでの成績に満足することなく、深謀遠慮で考えに考え抜いた結果が、この北九州記念勝ちにもつながっていたということ。常に進化を続けるところが、トップステーブルたるゆえんである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る