• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ついに出た史上最高配当「WIN5」4億円超えファンからはため息

 北九州記念のベルカント、札幌記念のモーリスが②着に敗れたことにより、「WIN5」は大荒れ。ついに、日本の競馬における史上最高配当が出た。

 きのうは〈別掲〉の通り、3場のメーンレースの勝ち馬が8、6、5番人気。この時点で残りはたった842票にまで減ってしまった。

 しかも、大荒れムードにトドメを刺すかのように、4レース目の小倉12Rは単勝146・4倍で15番人気のセフティーエムアイが直線一気。5レース目の新潟12Rを前にして、わずか4票に。

 こうなると多くの「WIN5」ファンはキャリーオーバーを期待してしまうが、最後は1番人気グラミスキャッスルが楽に勝って、的中は1票。見事に4億2012万7890円を独り占めした人がいるのだからスゴイの一言だ。

 それにしても、小倉、新潟の最終Rを組み入れた「サマーWIN5」は難解も難解。ここまでの4回で、先々週の1056万10円が最も安い配当というのだから。競馬場のターフビジョンに配当が出た瞬間、多くのファンからはため息が漏れていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る