• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ついに出た史上最高配当「WIN5」4億円超えファンからはため息

 北九州記念のベルカント、札幌記念のモーリスが②着に敗れたことにより、「WIN5」は大荒れ。ついに、日本の競馬における史上最高配当が出た。

 きのうは〈別掲〉の通り、3場のメーンレースの勝ち馬が8、6、5番人気。この時点で残りはたった842票にまで減ってしまった。

 しかも、大荒れムードにトドメを刺すかのように、4レース目の小倉12Rは単勝146・4倍で15番人気のセフティーエムアイが直線一気。5レース目の新潟12Rを前にして、わずか4票に。

 こうなると多くの「WIN5」ファンはキャリーオーバーを期待してしまうが、最後は1番人気グラミスキャッスルが楽に勝って、的中は1票。見事に4億2012万7890円を独り占めした人がいるのだからスゴイの一言だ。

 それにしても、小倉、新潟の最終Rを組み入れた「サマーWIN5」は難解も難解。ここまでの4回で、先々週の1056万10円が最も安い配当というのだから。競馬場のターフビジョンに配当が出た瞬間、多くのファンからはため息が漏れていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る