【札幌記念】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着ネオリアリズム(ルメール騎手) モーリスやヌーヴォレコルトがいてメンバーが強かった。でも、昨年乗ってポテンシャルが高いことは分かっていたので、自信はありました。きょうは逃げるつもりでした。道中はすごくリラックスしていたし、ゴールまで止まらずに頑張ってくれた。とてもうれしいです。

②着モーリス(モレイラ騎手) 外枠だったので、馬の後ろに入れるのに時間を要してしまって。緩い馬場もあって最後は届かなかったが、デキは良かったし、この距離でも折り合いはスムーズだった。

③着レインボーライン(福永騎手) タフなメンバーでタフな馬場、そしてタフな流れ。期待以上に走ってくれた。ゲートに不安な面はあるけど強くなっていくわ、この馬。3歳馬同士ならこれ以上に強い相手はいないわけだし、変わるきっかけになりそう。

④着ヌーヴォレコルト(吉田隼騎手) 向正面で前の馬について行くのに反応が鈍くて……。だから、3~4角で早めに踏んでいったんです。なんとか⑤着馬をかわしたけど、洋芝なのか、体が減っていたからなのか……。

⑤着ヤマカツエース(池添騎手) いい形でしたね。折り合いはついていたし、まだ良くなる段階でしたから。復調の兆しが見えたのでは。

⑥着マイネルフロスト(松岡騎手) 馬場が良ければ、もっといい競馬ができたと思う。

⑩着ヒットザターゲット(小牧騎手) 馬場に尽きる。スタートも決まって、いい位置取ったんだけどね。しょうがない。

⑫着レッドソロモン(柴山騎手) 前に行くつもりだったがゲートを出て行かなくて……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る