• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【札幌記念】レース後の談話

①着ネオリアリズム(ルメール騎手) モーリスやヌーヴォレコルトがいてメンバーが強かった。でも、昨年乗ってポテンシャルが高いことは分かっていたので、自信はありました。きょうは逃げるつもりでした。道中はすごくリラックスしていたし、ゴールまで止まらずに頑張ってくれた。とてもうれしいです。

②着モーリス(モレイラ騎手) 外枠だったので、馬の後ろに入れるのに時間を要してしまって。緩い馬場もあって最後は届かなかったが、デキは良かったし、この距離でも折り合いはスムーズだった。

③着レインボーライン(福永騎手) タフなメンバーでタフな馬場、そしてタフな流れ。期待以上に走ってくれた。ゲートに不安な面はあるけど強くなっていくわ、この馬。3歳馬同士ならこれ以上に強い相手はいないわけだし、変わるきっかけになりそう。

④着ヌーヴォレコルト(吉田隼騎手) 向正面で前の馬について行くのに反応が鈍くて……。だから、3~4角で早めに踏んでいったんです。なんとか⑤着馬をかわしたけど、洋芝なのか、体が減っていたからなのか……。

⑤着ヤマカツエース(池添騎手) いい形でしたね。折り合いはついていたし、まだ良くなる段階でしたから。復調の兆しが見えたのでは。

⑥着マイネルフロスト(松岡騎手) 馬場が良ければ、もっといい競馬ができたと思う。

⑩着ヒットザターゲット(小牧騎手) 馬場に尽きる。スタートも決まって、いい位置取ったんだけどね。しょうがない。

⑫着レッドソロモン(柴山騎手) 前に行くつもりだったがゲートを出て行かなくて……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  6. 6

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  7. 7

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る