【北九州記念】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着バクシンテイオー(藤岡康騎手) ゲートをうまく出てくれましたし、周りに行く馬が多かったので脚をためて。仕掛けてからの反応は凄かったですね。陣営から「調子がいい」と聞いていたので、それを生かせてよかった。しまいにいい脚を使えるイメージで乗れました。

②着ベルカント(M・デムーロ騎手) ついてない。よく頑張ってくれています。スタートからいいところに行って、ズッと3、4角もいい感じだった。スムーズに最後まで行けて、馬も一生懸命走ってる。でも、勝った馬が強かった。

③着オウノミチ(川田騎手) 行き脚がつかず、あの位置から。陣営から「外は回らないでほしい」という中であの競馬ですから、もう少しボクが上手に乗っていれば。

④着ジャストドゥイング(石橋騎手) できれば外の馬を行かせてから、と思ってましたが、スタートが速すぎて。それでも、バカみたいなペースじゃなかったでしたし、頑張っています。以前に乗った時よりも馬にスピードがついて、良くなっているのを感じました。

⑥着プリンセスムーン(北村友騎手) ゲートは出てくれましたし、うまく内に入れながら。思った通りのレース運びはできましたが、コーナーで噛む面もあり、ぎこちなかったですね。その辺が差に出ました。

⑪着ラヴァーズポイント(松若騎手) ゲートがよかったので促しながら前へ。馬場が荒れてたのが良くなかったのかもしれません。もう少し粘れるかと思ったのですが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る