• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【北九州記念】レース後の談話

①着バクシンテイオー(藤岡康騎手) ゲートをうまく出てくれましたし、周りに行く馬が多かったので脚をためて。仕掛けてからの反応は凄かったですね。陣営から「調子がいい」と聞いていたので、それを生かせてよかった。しまいにいい脚を使えるイメージで乗れました。

②着ベルカント(M・デムーロ騎手) ついてない。よく頑張ってくれています。スタートからいいところに行って、ズッと3、4角もいい感じだった。スムーズに最後まで行けて、馬も一生懸命走ってる。でも、勝った馬が強かった。

③着オウノミチ(川田騎手) 行き脚がつかず、あの位置から。陣営から「外は回らないでほしい」という中であの競馬ですから、もう少しボクが上手に乗っていれば。

④着ジャストドゥイング(石橋騎手) できれば外の馬を行かせてから、と思ってましたが、スタートが速すぎて。それでも、バカみたいなペースじゃなかったでしたし、頑張っています。以前に乗った時よりも馬にスピードがついて、良くなっているのを感じました。

⑥着プリンセスムーン(北村友騎手) ゲートは出てくれましたし、うまく内に入れながら。思った通りのレース運びはできましたが、コーナーで噛む面もあり、ぎこちなかったですね。その辺が差に出ました。

⑪着ラヴァーズポイント(松若騎手) ゲートがよかったので促しながら前へ。馬場が荒れてたのが良くなかったのかもしれません。もう少し粘れるかと思ったのですが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る