• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【北九州記念】レース後の談話

①着バクシンテイオー(藤岡康騎手) ゲートをうまく出てくれましたし、周りに行く馬が多かったので脚をためて。仕掛けてからの反応は凄かったですね。陣営から「調子がいい」と聞いていたので、それを生かせてよかった。しまいにいい脚を使えるイメージで乗れました。

②着ベルカント(M・デムーロ騎手) ついてない。よく頑張ってくれています。スタートからいいところに行って、ズッと3、4角もいい感じだった。スムーズに最後まで行けて、馬も一生懸命走ってる。でも、勝った馬が強かった。

③着オウノミチ(川田騎手) 行き脚がつかず、あの位置から。陣営から「外は回らないでほしい」という中であの競馬ですから、もう少しボクが上手に乗っていれば。

④着ジャストドゥイング(石橋騎手) できれば外の馬を行かせてから、と思ってましたが、スタートが速すぎて。それでも、バカみたいなペースじゃなかったでしたし、頑張っています。以前に乗った時よりも馬にスピードがついて、良くなっているのを感じました。

⑥着プリンセスムーン(北村友騎手) ゲートは出てくれましたし、うまく内に入れながら。思った通りのレース運びはできましたが、コーナーで噛む面もあり、ぎこちなかったですね。その辺が差に出ました。

⑪着ラヴァーズポイント(松若騎手) ゲートがよかったので促しながら前へ。馬場が荒れてたのが良くなかったのかもしれません。もう少し粘れるかと思ったのですが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る