【北九州記念】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着バクシンテイオー(藤岡康騎手) ゲートをうまく出てくれましたし、周りに行く馬が多かったので脚をためて。仕掛けてからの反応は凄かったですね。陣営から「調子がいい」と聞いていたので、それを生かせてよかった。しまいにいい脚を使えるイメージで乗れました。

②着ベルカント(M・デムーロ騎手) ついてない。よく頑張ってくれています。スタートからいいところに行って、ズッと3、4角もいい感じだった。スムーズに最後まで行けて、馬も一生懸命走ってる。でも、勝った馬が強かった。

③着オウノミチ(川田騎手) 行き脚がつかず、あの位置から。陣営から「外は回らないでほしい」という中であの競馬ですから、もう少しボクが上手に乗っていれば。

④着ジャストドゥイング(石橋騎手) できれば外の馬を行かせてから、と思ってましたが、スタートが速すぎて。それでも、バカみたいなペースじゃなかったでしたし、頑張っています。以前に乗った時よりも馬にスピードがついて、良くなっているのを感じました。

⑥着プリンセスムーン(北村友騎手) ゲートは出てくれましたし、うまく内に入れながら。思った通りのレース運びはできましたが、コーナーで噛む面もあり、ぎこちなかったですね。その辺が差に出ました。

⑪着ラヴァーズポイント(松若騎手) ゲートがよかったので促しながら前へ。馬場が荒れてたのが良くなかったのかもしれません。もう少し粘れるかと思ったのですが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る