トップジョッキー五者五様 【M・デムーロ】

公開日:  更新日:

モレイラの存在と弟の来日が強い刺激に

 やはり、この男は大舞台に強かった。ワールドオールスタージョッキーズに優勝したM・デムーロである。

 土曜の第2戦は“D”ランクで11番人気のフェスティヴイェルで勝利。この時点で40点を獲得して、武豊と並んでトップに立った。

 そして迎えた日曜の第3戦。1番人気は武豊イッテツだったが、これをゴール前できっちりとらえたのがミルコのクリノハッチャン。この時点で優勝候補は2人だけに絞られた。

 ただ、ミルコは第4戦に“A”ランクのロッカフラベイビーを残しており、圧倒的に有利な状況だった。

 最終戦で武豊は好位のイン3、4番手で逆転をうかがったが、直線で力尽きて⑪着。ミルコは⑤着止まりでも、2位に19ポイント差をつけて圧勝だった。

 WASJ第1、3戦の2勝で“日本の”トップとして大きくアピールしたのは、「去年、楽勝された」モレイラへのリベンジと、弟C・デムーロの来日も刺激になったはずだ。

 日本でも桜花賞制覇の実績がある弟は、今年になってフランスで大きく頭角を現した。お手馬の3歳牝馬ラクレッソニエールは8戦8勝で、凱旋門賞の有力馬になっているほどで、ミルコにとっては、もはや弟というよりも“ライバル”的な存在に。それだけにここは「負けられない」戦いだったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る