• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トップジョッキー五者五様 【M・デムーロ】

モレイラの存在と弟の来日が強い刺激に

 やはり、この男は大舞台に強かった。ワールドオールスタージョッキーズに優勝したM・デムーロである。

 土曜の第2戦は“D”ランクで11番人気のフェスティヴイェルで勝利。この時点で40点を獲得して、武豊と並んでトップに立った。

 そして迎えた日曜の第3戦。1番人気は武豊イッテツだったが、これをゴール前できっちりとらえたのがミルコのクリノハッチャン。この時点で優勝候補は2人だけに絞られた。

 ただ、ミルコは第4戦に“A”ランクのロッカフラベイビーを残しており、圧倒的に有利な状況だった。

 最終戦で武豊は好位のイン3、4番手で逆転をうかがったが、直線で力尽きて⑪着。ミルコは⑤着止まりでも、2位に19ポイント差をつけて圧勝だった。

 WASJ第1、3戦の2勝で“日本の”トップとして大きくアピールしたのは、「去年、楽勝された」モレイラへのリベンジと、弟C・デムーロの来日も刺激になったはずだ。

 日本でも桜花賞制覇の実績がある弟は、今年になってフランスで大きく頭角を現した。お手馬の3歳牝馬ラクレッソニエールは8戦8勝で、凱旋門賞の有力馬になっているほどで、ミルコにとっては、もはや弟というよりも“ライバル”的な存在に。それだけにここは「負けられない」戦いだったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る