トップジョッキー五者五様 【モレイラ】

公開日:  更新日:

驚異の騎乗機会7連勝も重賞ではまた②着

“マジックマン”モレイラがまたまた魅せた。

 土曜の札幌は1Rで勝利を挙げたものの、その後はメーンまで1~3番人気での騎乗が6鞍ありながら意外な(?)敗戦続きだったが、最終12Rを勝ってからが凄い。

 日曜は①①①①①①②③着。土曜12Rから「騎乗機会7連勝」となり、武豊が持つ記録に並んでみせた。

 モレイラの先週のスケジュールは月曜から金曜まで地元・香港に帰って調教に騎乗。その後に再来日し、夜はWASJのパーティーにも出席する過密日程をこなしてのものだから驚く。

 だが、この活躍も香港競馬でトップに立ったことを思えば、当然か。ほとんどがハンデ戦で力差の少ないレースの中、モレイラはシーズン最多勝など数々の記録を打ち立ててきた。ハンデ戦が少なく、関係者が質のいい馬を用意する日本では、地元より、ある意味勝ちやすいといえよう。

 キーンランドCは1番人気シュウジで②着と札幌記念=モーリスに続いて取りこぼしたが、来年にはJRA重賞初制覇のシーンもあるだろう。

 なお、木曜発行で「モレイラのサイン入り・WASJ特製キャップ」プレゼントを行います。詳細は9月1日発行の競馬面をご覧ください。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る