• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トップジョッキー五者五様 【福永】

“役者が違う”といったところか。新潟では福永が土、日メーン制覇で存在感を示した。

 WASJにアメリカ代表で参加予定だったエスピノーザが書類の不備で来日中止。福永は関西4位で補欠1番手だったものの、新潟での騎乗を優先させた(岩田が繰り上がり)。

 それだけ“脈あり”な騎乗馬が揃っていたし、モチベーションも高かったのだろう。土曜はいきなり1、2Rを連勝。メーン・BSN賞のピオネロでも、きっちり1番人気に応えている。

 さらに、日曜はサブメーンの朱鷺Sを7番人気ペイシャフェリスで勝つと、勢いそのままに新潟2歳Sでテン乗りのヴゼットジョリーを先頭ゴールに導いた。

 傑出馬不在の大混戦の中、道中は馬混みで折り合いをつけて、ロスなく外にエスコート。さすがトップジョッキーの腕が冴え渡った。

 昨秋のスワンSで落馬負傷したことにより、今年は2月から始動。それもあってクラシックでは騎乗馬に恵まれなかったが、ここにきて遅れを取り戻す活躍ぶりだ。

 7月の中京でも開催20勝に到達するなど、サマーシリーズは収穫大。秋GⅠではWASJ組に代わって、主役の座を狙う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る