トップジョッキー五者五様 【福永】

公開日:  更新日:

“役者が違う”といったところか。新潟では福永が土、日メーン制覇で存在感を示した。

 WASJにアメリカ代表で参加予定だったエスピノーザが書類の不備で来日中止。福永は関西4位で補欠1番手だったものの、新潟での騎乗を優先させた(岩田が繰り上がり)。

 それだけ“脈あり”な騎乗馬が揃っていたし、モチベーションも高かったのだろう。土曜はいきなり1、2Rを連勝。メーン・BSN賞のピオネロでも、きっちり1番人気に応えている。

 さらに、日曜はサブメーンの朱鷺Sを7番人気ペイシャフェリスで勝つと、勢いそのままに新潟2歳Sでテン乗りのヴゼットジョリーを先頭ゴールに導いた。

 傑出馬不在の大混戦の中、道中は馬混みで折り合いをつけて、ロスなく外にエスコート。さすがトップジョッキーの腕が冴え渡った。

 昨秋のスワンSで落馬負傷したことにより、今年は2月から始動。それもあってクラシックでは騎乗馬に恵まれなかったが、ここにきて遅れを取り戻す活躍ぶりだ。

 7月の中京でも開催20勝に到達するなど、サマーシリーズは収穫大。秋GⅠではWASJ組に代わって、主役の座を狙う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る