トップジョッキー五者五様 【福永】

公開日:  更新日:

“役者が違う”といったところか。新潟では福永が土、日メーン制覇で存在感を示した。

 WASJにアメリカ代表で参加予定だったエスピノーザが書類の不備で来日中止。福永は関西4位で補欠1番手だったものの、新潟での騎乗を優先させた(岩田が繰り上がり)。

 それだけ“脈あり”な騎乗馬が揃っていたし、モチベーションも高かったのだろう。土曜はいきなり1、2Rを連勝。メーン・BSN賞のピオネロでも、きっちり1番人気に応えている。

 さらに、日曜はサブメーンの朱鷺Sを7番人気ペイシャフェリスで勝つと、勢いそのままに新潟2歳Sでテン乗りのヴゼットジョリーを先頭ゴールに導いた。

 傑出馬不在の大混戦の中、道中は馬混みで折り合いをつけて、ロスなく外にエスコート。さすがトップジョッキーの腕が冴え渡った。

 昨秋のスワンSで落馬負傷したことにより、今年は2月から始動。それもあってクラシックでは騎乗馬に恵まれなかったが、ここにきて遅れを取り戻す活躍ぶりだ。

 7月の中京でも開催20勝に到達するなど、サマーシリーズは収穫大。秋GⅠではWASJ組に代わって、主役の座を狙う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る