【新潟2歳S】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着ヴゼットジョリー(福永騎手) 返し馬で“瞬時に反応するタイプじゃない”と思ったのである程度、惰性をつけながら。スムーズに外へ持ち出すことができたし、理想的なレースでした。

②着オーバースペック(岩部騎手) 前半は折り合い重視であの位置。直線はいい伸びを見せたけど、勝ち馬は器用に立ち回ってたから。その差が出たかな。

③着イブキ(田辺騎手) 最後は切れ負けかな。2戦目で気持ちが燃えてたのも影響したのかも。

④着アピールバイオ(木幡巧騎手) そう切れる脚はないだけに4角ではもっとアクセルを踏んでいくべきだったかも。直線はタレそうでタレず頑張ってくれました。

⑤着キャスパリーグ(藤岡佑騎手) 直線で勝ち馬に横のスペースを取られたのが痛かったかな。あそこでもっと視界が開けていれば、さらにやれたと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る