【GⅢ新潟記念】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着アデイインザライフ(横山典騎手) そっと行って最後はどれだけ伸びるかという競馬を。器用じゃないんで、エンジンがかかってから何の不利も受けなかったのも良かったね。この馬のリズムを守って思った通りに乗れた。暑かったけど我慢して走ってくれた。パワーアップしていたし、この後も順調にいってほしいね。

②着アルバートドック(戸崎騎手) 正直、左回りがどうかなと思ってたし、小回り向きの印象もあったんです。ただ、自分からグイグイ行ってたし、しまいもよく伸びてくれました。かなり力をつけてますね。

③着ロンギングダンサー(吉田豊騎手) 道中はいい感じで走れました。直線は外に出そうと思ってたけど、ノリさん(横山典騎手)にスッと行かれたのが……。先に出せていれば、もっと際どかったかも。

④着ベルーフ(田辺騎手) 前半は思ったよりついて行けなかったのでリズム重視で。ポジション的には正解でしたが、外を回らされる形になりましたから。それでも、ズルさを見せずに頑張ってくれました。

⑤着ルミナスウォリアー(柴山騎手) 道中はリズム良く運べたし、前走とは打って変わって、この馬らしい競馬ができました。いい手応えで直線に向いたけど、思いのほか外が伸びましたね。それでも、この感じならどこかでチャンスはあるんじゃないですか。

⑧着マイネルミラノ(柴田大騎手) 頑張ってます。行く馬を行かせて、道中もいい感じでした。昨年みたいな馬場(稍重)ならよかったけど、これだけの斤量を背負ってたら厳しいです。

⑯着ダコール(M・デムーロ騎手) 疲れてたかもしれない。直線に向いてすぐにバテたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る