• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【GⅢ小倉2歳S】1頭だけスピードが違ったレーヌミノル高い将来性

〝実の秋〟となるか

 終わってみれば“1強14弱”だった。

 きのう、小倉で行われたGⅢ小倉2歳Sはレーヌミノルが②着馬に6馬身差をつけて圧勝。新馬→重賞Vを達成した。

 ライバルが抵抗できたのは3角までだった。好スタートから2番手で追走したレーヌ。3角過ぎには早くも押さえ切れない手応えで先頭へと躍り出た。

「後ろからかわされることはないと思った」

 この浜中の自信と期待に応えるように、ライバル勢が懸命に手綱をしごき、もがくのを尻目に、1頭涼しい顔で4角を回ってきた。

 そうなるとあとはもう独走だ。残り100メートル地点では浜中が後ろを振り返る余裕を見せてゴールを駆け抜けた。

 終わってみれば②着馬につけもつけたりの6馬身差! これはグレード制導入後、芝千二での最大着差である。従来の最大は03年の小倉2歳Sでメイショウボーラーが記録した5馬身差だった。

 個々の実力差が比較的大きい2歳戦とはいえ、今後の期待が膨らむレース内容であったのは間違いあるまい。

「スタートからゴールまで注文をつけるところがなかった。2歳牝馬でこれだけ精神面の強い馬はそうはいない。将来性も高いし、GⅠ戦線も楽しみですね」とは浜中。このあとはレース間隔をあけて、どこか1戦してGⅠ阪神JF(12月11日)を予定している。

 また、この勝利にはオーナーの吉岡実氏の勢いの後押しもあったか。13年3勝→14年6勝→15年4勝だったが、今年はこの小倉2歳Sを含めて12勝と爆発的に勝ち星を伸ばしている。古馬はアクティブ、そして2歳戦はレーヌ。秋も“ミノル”から目が離せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る