• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【GⅢ小倉2歳S】レース後の談話

①着レーヌミノル(浜中騎手) 力があるのは分かってたので、馬を信じて乗りました。先頭に立つのが早くなったけど、少し気合をつけた程度。それでも気を抜かずに最後までしっかりと走ってくれたからね。スタートからゴールまで注文のつくところがない馬。2歳の牝馬とは思えないほど精神面がどっしりしてるのもいいところです。

②着ダイイチターミナル(嘉藤騎手) 怖がって道中は内に逃げてた。直線もひるんでもたれてました。そんな中でもよく頑張ったし、能力はある馬ですよ。

③着カシノマスト(川須騎手) 強い勝ち馬を捕まえにいく競馬をしましたからね。その分の③着でしょう。でも、厳しいローテを考えると、よく走ってると思います。

④着キョウヘイ(高倉騎手) 馬を怖がってテンから全く進んで行かなかった。それでも直線はよく伸びてましたから。気性の成長が課題だけど、いい脚は持ってますよ。

⑤着シゲルベンガルトラ(藤岡康騎手) 道中は勝ち馬を見ながらいい感じだったけどねえ。3~4角で離されたのが痛かった。最後は盛り返しているだけにそこがスムーズだったら。

⑥着クインズサリナ(川田騎手) 向正で勝ち馬にぶつけられてから全く進まなかった。かわいそうな競馬になりました。

⑦着ドゥモワゼル(北村友騎手) 小柄できょうのような緩い馬場はもうひとつですね。

⑨着オールポッシブル(松若騎手) 道中は外へ逃げながらでロスのある競馬になって……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  5. 5

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る