【GⅢ小倉2歳S】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着レーヌミノル(浜中騎手) 力があるのは分かってたので、馬を信じて乗りました。先頭に立つのが早くなったけど、少し気合をつけた程度。それでも気を抜かずに最後までしっかりと走ってくれたからね。スタートからゴールまで注文のつくところがない馬。2歳の牝馬とは思えないほど精神面がどっしりしてるのもいいところです。

②着ダイイチターミナル(嘉藤騎手) 怖がって道中は内に逃げてた。直線もひるんでもたれてました。そんな中でもよく頑張ったし、能力はある馬ですよ。

③着カシノマスト(川須騎手) 強い勝ち馬を捕まえにいく競馬をしましたからね。その分の③着でしょう。でも、厳しいローテを考えると、よく走ってると思います。

④着キョウヘイ(高倉騎手) 馬を怖がってテンから全く進んで行かなかった。それでも直線はよく伸びてましたから。気性の成長が課題だけど、いい脚は持ってますよ。

⑤着シゲルベンガルトラ(藤岡康騎手) 道中は勝ち馬を見ながらいい感じだったけどねえ。3~4角で離されたのが痛かった。最後は盛り返しているだけにそこがスムーズだったら。

⑥着クインズサリナ(川田騎手) 向正で勝ち馬にぶつけられてから全く進まなかった。かわいそうな競馬になりました。

⑦着ドゥモワゼル(北村友騎手) 小柄できょうのような緩い馬場はもうひとつですね。

⑨着オールポッシブル(松若騎手) 道中は外へ逃げながらでロスのある競馬になって……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る