【GⅢ小倉2歳S】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着レーヌミノル(浜中騎手) 力があるのは分かってたので、馬を信じて乗りました。先頭に立つのが早くなったけど、少し気合をつけた程度。それでも気を抜かずに最後までしっかりと走ってくれたからね。スタートからゴールまで注文のつくところがない馬。2歳の牝馬とは思えないほど精神面がどっしりしてるのもいいところです。

②着ダイイチターミナル(嘉藤騎手) 怖がって道中は内に逃げてた。直線もひるんでもたれてました。そんな中でもよく頑張ったし、能力はある馬ですよ。

③着カシノマスト(川須騎手) 強い勝ち馬を捕まえにいく競馬をしましたからね。その分の③着でしょう。でも、厳しいローテを考えると、よく走ってると思います。

④着キョウヘイ(高倉騎手) 馬を怖がってテンから全く進んで行かなかった。それでも直線はよく伸びてましたから。気性の成長が課題だけど、いい脚は持ってますよ。

⑤着シゲルベンガルトラ(藤岡康騎手) 道中は勝ち馬を見ながらいい感じだったけどねえ。3~4角で離されたのが痛かった。最後は盛り返しているだけにそこがスムーズだったら。

⑥着クインズサリナ(川田騎手) 向正で勝ち馬にぶつけられてから全く進まなかった。かわいそうな競馬になりました。

⑦着ドゥモワゼル(北村友騎手) 小柄できょうのような緩い馬場はもうひとつですね。

⑨着オールポッシブル(松若騎手) 道中は外へ逃げながらでロスのある競馬になって……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る