• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【GⅢ小倉2歳S】レース後の談話

①着レーヌミノル(浜中騎手) 力があるのは分かってたので、馬を信じて乗りました。先頭に立つのが早くなったけど、少し気合をつけた程度。それでも気を抜かずに最後までしっかりと走ってくれたからね。スタートからゴールまで注文のつくところがない馬。2歳の牝馬とは思えないほど精神面がどっしりしてるのもいいところです。

②着ダイイチターミナル(嘉藤騎手) 怖がって道中は内に逃げてた。直線もひるんでもたれてました。そんな中でもよく頑張ったし、能力はある馬ですよ。

③着カシノマスト(川須騎手) 強い勝ち馬を捕まえにいく競馬をしましたからね。その分の③着でしょう。でも、厳しいローテを考えると、よく走ってると思います。

④着キョウヘイ(高倉騎手) 馬を怖がってテンから全く進んで行かなかった。それでも直線はよく伸びてましたから。気性の成長が課題だけど、いい脚は持ってますよ。

⑤着シゲルベンガルトラ(藤岡康騎手) 道中は勝ち馬を見ながらいい感じだったけどねえ。3~4角で離されたのが痛かった。最後は盛り返しているだけにそこがスムーズだったら。

⑥着クインズサリナ(川田騎手) 向正で勝ち馬にぶつけられてから全く進まなかった。かわいそうな競馬になりました。

⑦着ドゥモワゼル(北村友騎手) 小柄できょうのような緩い馬場はもうひとつですね。

⑨着オールポッシブル(松若騎手) 道中は外へ逃げながらでロスのある競馬になって……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る