【セントウルS】まさかの逃げ切りビッグアーサー

公開日:  更新日:

もはや国内に敵なし

 絶対王者ロードカナロアの域に近づいたか。GⅠスプリンターズS前哨戦のGⅡセントウルSはそう思わせるほど、ビッグアーサーの強さばかりが目立った。

 勝つことは予想していても、こういう勝ち方だと思っていたファンは少なかっただろう。

 これまで4角先頭の競馬さえなかった馬が、スタート直後から、まさかのハナに。さらにスノードラゴンが並び掛けたことでハミを取ってラップが上がり、前半3Fは33秒1! しかも2~4F目まで10秒台を刻む逃げだ。いくら開幕週とはいえ、きつい流れである。

 いつもと違う競馬スタイルということを加味すれば、敗れる危険性のある形だ。それを最後は余裕たっぷりの1馬身差でゴールイン。②着~⑩着までが首、鼻差が続いていたから、1頭だけエンジンがズバぬけていたということだ。

「もう試すこともない」(福永騎手)

「もう試すこともなくなった。正攻法でタイトルを取りにいきます」

 レース後に福永が語ったように、それも納得の強さ。まして、次に控えるスプリンターズSでも強力なライバルが見当たらない。

 昨年の覇者でGⅠ3勝のストレイトガールは先日、引退を発表し、高松宮記念②着のミッキーアイルはぶっつけ本番。あとはキーンランドC組だが、勝ち馬ブランボヌールを含めて4頭の3歳馬が掲示板に入ったとはいっても、経験値の差は明らかだ。

 手薄なスプリント路線では、もはや国内に敵はなし。そう、絶対王者ロードは世界でも王者だった。その再現まで今のビッグアーサーには期待したくなってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る