• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【セントウルS】レース後の談話

①着ビッグアーサー(福永騎手) メンバー構成からペースが速くなりそうになかったので、先手を取る形も頭に入れてました。少し競られてガツンとくるところもあったけど、スピードが持続するのがこの馬の能力。最後まで衰えなかったですね。タイトルを取って追われる立場。王道の競馬で勝てば、本番は正攻法のレースもしやすくなりますから。疲れを癒やして次へ向かってほしい。

②着ネロ(内田騎手) ゲートは出てるし、遅くはなかったけどなあ。内、外の差はあったにしても勝った馬はとんでもなく速かった。流れのままの位置で早めに追いつこうとしたけど、それもできなかった。でも、人気通りには走ってくれたし、よく頑張ってるよ。

③着ラヴァーズポイント(川須騎手) この馬のリズムで先行して、しぶとく③着を確保できました。2走前に乗った時よりも手脚に軽さがあって重賞でもやれる力をつけていると感じました。

④着アースソニック(白倉調教助手) うまく乗ってくれました。ある程度出して行っても我慢ができたし、この距離が合っていますね。

⑤着スノードラゴン(川田騎手) 4角で早めに勝ち馬について行った分甘くなりましたが、頑張ってると思います。

⑥着レッドアリオン(武豊騎手) 距離はむしろいいんじゃないかな。直線で進路がなくて……。ツキがあれば、もう少し上位に来れたと思うよ。

⑦着ダンスディレクター(浜中騎手) 今回は順調さを欠いた中での休み明け。それでも最後は来てたし、あらためて力を感じました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  6. 6

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る