【セントウルS】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着ビッグアーサー(福永騎手) メンバー構成からペースが速くなりそうになかったので、先手を取る形も頭に入れてました。少し競られてガツンとくるところもあったけど、スピードが持続するのがこの馬の能力。最後まで衰えなかったですね。タイトルを取って追われる立場。王道の競馬で勝てば、本番は正攻法のレースもしやすくなりますから。疲れを癒やして次へ向かってほしい。

②着ネロ(内田騎手) ゲートは出てるし、遅くはなかったけどなあ。内、外の差はあったにしても勝った馬はとんでもなく速かった。流れのままの位置で早めに追いつこうとしたけど、それもできなかった。でも、人気通りには走ってくれたし、よく頑張ってるよ。

③着ラヴァーズポイント(川須騎手) この馬のリズムで先行して、しぶとく③着を確保できました。2走前に乗った時よりも手脚に軽さがあって重賞でもやれる力をつけていると感じました。

④着アースソニック(白倉調教助手) うまく乗ってくれました。ある程度出して行っても我慢ができたし、この距離が合っていますね。

⑤着スノードラゴン(川田騎手) 4角で早めに勝ち馬について行った分甘くなりましたが、頑張ってると思います。

⑥着レッドアリオン(武豊騎手) 距離はむしろいいんじゃないかな。直線で進路がなくて……。ツキがあれば、もう少し上位に来れたと思うよ。

⑦着ダンスディレクター(浜中騎手) 今回は順調さを欠いた中での休み明け。それでも最後は来てたし、あらためて力を感じました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

  8. 8

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

もっと見る