【セントウルS】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着ビッグアーサー(福永騎手) メンバー構成からペースが速くなりそうになかったので、先手を取る形も頭に入れてました。少し競られてガツンとくるところもあったけど、スピードが持続するのがこの馬の能力。最後まで衰えなかったですね。タイトルを取って追われる立場。王道の競馬で勝てば、本番は正攻法のレースもしやすくなりますから。疲れを癒やして次へ向かってほしい。

②着ネロ(内田騎手) ゲートは出てるし、遅くはなかったけどなあ。内、外の差はあったにしても勝った馬はとんでもなく速かった。流れのままの位置で早めに追いつこうとしたけど、それもできなかった。でも、人気通りには走ってくれたし、よく頑張ってるよ。

③着ラヴァーズポイント(川須騎手) この馬のリズムで先行して、しぶとく③着を確保できました。2走前に乗った時よりも手脚に軽さがあって重賞でもやれる力をつけていると感じました。

④着アースソニック(白倉調教助手) うまく乗ってくれました。ある程度出して行っても我慢ができたし、この距離が合っていますね。

⑤着スノードラゴン(川田騎手) 4角で早めに勝ち馬について行った分甘くなりましたが、頑張ってると思います。

⑥着レッドアリオン(武豊騎手) 距離はむしろいいんじゃないかな。直線で進路がなくて……。ツキがあれば、もう少し上位に来れたと思うよ。

⑦着ダンスディレクター(浜中騎手) 今回は順調さを欠いた中での休み明け。それでも最後は来てたし、あらためて力を感じました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る