【セントウルS】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着ビッグアーサー(福永騎手) メンバー構成からペースが速くなりそうになかったので、先手を取る形も頭に入れてました。少し競られてガツンとくるところもあったけど、スピードが持続するのがこの馬の能力。最後まで衰えなかったですね。タイトルを取って追われる立場。王道の競馬で勝てば、本番は正攻法のレースもしやすくなりますから。疲れを癒やして次へ向かってほしい。

②着ネロ(内田騎手) ゲートは出てるし、遅くはなかったけどなあ。内、外の差はあったにしても勝った馬はとんでもなく速かった。流れのままの位置で早めに追いつこうとしたけど、それもできなかった。でも、人気通りには走ってくれたし、よく頑張ってるよ。

③着ラヴァーズポイント(川須騎手) この馬のリズムで先行して、しぶとく③着を確保できました。2走前に乗った時よりも手脚に軽さがあって重賞でもやれる力をつけていると感じました。

④着アースソニック(白倉調教助手) うまく乗ってくれました。ある程度出して行っても我慢ができたし、この距離が合っていますね。

⑤着スノードラゴン(川田騎手) 4角で早めに勝ち馬について行った分甘くなりましたが、頑張ってると思います。

⑥着レッドアリオン(武豊騎手) 距離はむしろいいんじゃないかな。直線で進路がなくて……。ツキがあれば、もう少し上位に来れたと思うよ。

⑦着ダンスディレクター(浜中騎手) 今回は順調さを欠いた中での休み明け。それでも最後は来てたし、あらためて力を感じました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る