• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【京成杯オータムH】ロードクエスト大箱専用のイメージを払拭

手薄なマイル路線なら一気に頂点も

 古馬マイル路線に新たな風を吹き込ませる――中山開幕週のメーン、京成杯オータムHは3歳馬ロードクエストが豪快に差し切り。2つ目の重賞タイトルを掴んだ。

 昨年の新潟2歳Sでは圧倒的なパフォーマンスで4馬身差V。クラシックの有力候補に躍り出たが、その後はホープフルS②着→スプリングS③着→皐月賞⑧着と尻すぼみに。

 そこで、矛先をNHKマイルCへ向けると、逃げたメジャーエンブレムこそ捕まえ切れなかったものの、上がり33秒8で大外一気に追い込んで0秒1差②着。距離短縮したことで末脚の破壊力を取り戻した。

 続くダービーで⑪着と惨敗したこともあり、秋は迷わずマイル路線を選択。その始動戦で古馬相手にいきなり結果を出したのだから大したもの。

 しかも、春に比べるとレース内容にも成長の色を見せている。

 課題だったスタートの遅れも許容範囲内で、道中から徐々にポジションアップ。これまで勝ち星がなかった右回り、トリッキーな中山マイルにも対応して、“大箱専用”のイメージを払拭した。

 この秋の大目標はもちろんマイルCS。昨年の年度代表馬モーリスは天皇賞→香港のローテーションが発表されているため、メンバー的に手薄になる可能性が高い。今回の快勝によって、一気に古馬マイル界の頂点まで見えてきた。

 なお、「サマーマイルシリーズ」は4年ぶりにチャンピオン該当馬なし。「サマージョッキーズシリーズ」は戸崎がカフェブリリアントの②着で5点を上積みし、M・デムーロを抑えて優勝を決めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る