• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【京成杯オータムH】ロードクエスト大箱専用のイメージを払拭

手薄なマイル路線なら一気に頂点も

 古馬マイル路線に新たな風を吹き込ませる――中山開幕週のメーン、京成杯オータムHは3歳馬ロードクエストが豪快に差し切り。2つ目の重賞タイトルを掴んだ。

 昨年の新潟2歳Sでは圧倒的なパフォーマンスで4馬身差V。クラシックの有力候補に躍り出たが、その後はホープフルS②着→スプリングS③着→皐月賞⑧着と尻すぼみに。

 そこで、矛先をNHKマイルCへ向けると、逃げたメジャーエンブレムこそ捕まえ切れなかったものの、上がり33秒8で大外一気に追い込んで0秒1差②着。距離短縮したことで末脚の破壊力を取り戻した。

 続くダービーで⑪着と惨敗したこともあり、秋は迷わずマイル路線を選択。その始動戦で古馬相手にいきなり結果を出したのだから大したもの。

 しかも、春に比べるとレース内容にも成長の色を見せている。

 課題だったスタートの遅れも許容範囲内で、道中から徐々にポジションアップ。これまで勝ち星がなかった右回り、トリッキーな中山マイルにも対応して、“大箱専用”のイメージを払拭した。

 この秋の大目標はもちろんマイルCS。昨年の年度代表馬モーリスは天皇賞→香港のローテーションが発表されているため、メンバー的に手薄になる可能性が高い。今回の快勝によって、一気に古馬マイル界の頂点まで見えてきた。

 なお、「サマーマイルシリーズ」は4年ぶりにチャンピオン該当馬なし。「サマージョッキーズシリーズ」は戸崎がカフェブリリアントの②着で5点を上積みし、M・デムーロを抑えて優勝を決めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る