【京成杯オータムH】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着ロードクエスト(池添騎手) ひと夏越して落ち着いて気性の成長を感じましたね。いい形で返し馬も行けました。ゲートはもともと速くないので、あれぐらいなら許容範囲内。出していったので若干、ハミを噛んだけど、後ろで我慢できました。自分から動いてねじ伏せる強い内容。このまま順調にいってほしいですね。

②着カフェブリリアント(戸崎騎手) 先生(堀師)が「修正できてる」と言った通りで、きょうは折り合い良く、いいリズムで走れてました。直線も狭いところに入って行けましたよ。いい内容だったと思います。

③着ダノンプラチナ(蛯名騎手) いい時と比べるともうひとつだね。勝負どころではロードの後ろにいたけど、手応えが悪いんで差を詰められなかったよ。追ってからも走りが小さい感じ。たたいての良化待ちだな。

④着ダイワリベラル(北村宏騎手) 道中はジッとしてるしかない展開でした。ラストはいい伸びだっただけに悔しいですね。折り合いはついてたし、今なら距離はもう少しあっても良さそう。

④着クラリティスカイ(田辺騎手) 道中ではタイトなところもあったんで。そこがスムーズならもっとやれたと思います。でも、ハンデを背負って差のない競馬ができたし、復活モードに入ってきましたね。

⑥着トウショウドラフタ(吉田豊騎手) 多少急仕上げだったせいか、前半は進んでくれませんでしたね。でも、ラストはしっかり脚を使っていたし、次はもっと走れると思いますよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る