【京成杯オータムH】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着ロードクエスト(池添騎手) ひと夏越して落ち着いて気性の成長を感じましたね。いい形で返し馬も行けました。ゲートはもともと速くないので、あれぐらいなら許容範囲内。出していったので若干、ハミを噛んだけど、後ろで我慢できました。自分から動いてねじ伏せる強い内容。このまま順調にいってほしいですね。

②着カフェブリリアント(戸崎騎手) 先生(堀師)が「修正できてる」と言った通りで、きょうは折り合い良く、いいリズムで走れてました。直線も狭いところに入って行けましたよ。いい内容だったと思います。

③着ダノンプラチナ(蛯名騎手) いい時と比べるともうひとつだね。勝負どころではロードの後ろにいたけど、手応えが悪いんで差を詰められなかったよ。追ってからも走りが小さい感じ。たたいての良化待ちだな。

④着ダイワリベラル(北村宏騎手) 道中はジッとしてるしかない展開でした。ラストはいい伸びだっただけに悔しいですね。折り合いはついてたし、今なら距離はもう少しあっても良さそう。

④着クラリティスカイ(田辺騎手) 道中ではタイトなところもあったんで。そこがスムーズならもっとやれたと思います。でも、ハンデを背負って差のない競馬ができたし、復活モードに入ってきましたね。

⑥着トウショウドラフタ(吉田豊騎手) 多少急仕上げだったせいか、前半は進んでくれませんでしたね。でも、ラストはしっかり脚を使っていたし、次はもっと走れると思いますよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る