• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【京成杯オータムH】レース後の談話

①着ロードクエスト(池添騎手) ひと夏越して落ち着いて気性の成長を感じましたね。いい形で返し馬も行けました。ゲートはもともと速くないので、あれぐらいなら許容範囲内。出していったので若干、ハミを噛んだけど、後ろで我慢できました。自分から動いてねじ伏せる強い内容。このまま順調にいってほしいですね。

②着カフェブリリアント(戸崎騎手) 先生(堀師)が「修正できてる」と言った通りで、きょうは折り合い良く、いいリズムで走れてました。直線も狭いところに入って行けましたよ。いい内容だったと思います。

③着ダノンプラチナ(蛯名騎手) いい時と比べるともうひとつだね。勝負どころではロードの後ろにいたけど、手応えが悪いんで差を詰められなかったよ。追ってからも走りが小さい感じ。たたいての良化待ちだな。

④着ダイワリベラル(北村宏騎手) 道中はジッとしてるしかない展開でした。ラストはいい伸びだっただけに悔しいですね。折り合いはついてたし、今なら距離はもう少しあっても良さそう。

④着クラリティスカイ(田辺騎手) 道中ではタイトなところもあったんで。そこがスムーズならもっとやれたと思います。でも、ハンデを背負って差のない競馬ができたし、復活モードに入ってきましたね。

⑥着トウショウドラフタ(吉田豊騎手) 多少急仕上げだったせいか、前半は進んでくれませんでしたね。でも、ラストはしっかり脚を使っていたし、次はもっと走れると思いますよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る