• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ニエル賞】マカヒキ低調なメンバー相手にきっちり勝利

本番の強敵は日曜のシャンティイにはいなかった

 派手さはなかった。だが、きっちりと勝利はモノにした――。

 マカヒキの海外デビューとなった仏GⅡニエル賞は本番の凱旋門賞と同じシャンティイ競馬場の芝二千四百メートル。天候は曇りで、馬場状態は良。

 5頭立ての4番枠からスタートしたマカヒキは道中の折り合い良く、3番手を追走。4コーナーまでほとんど動きのない展開で、マカヒキは直線で外めへ。残り400メートルぐらいから仕掛けてルメールがムチを2発。ストライドを伸ばして、ゴール前でグイッと出た。

 時計は2分35秒84で、逃げた②着ミッドタームとの着差は半馬身ほど。このシャンティイで10馬身も離したエイシンヒカリのようなパフォーマンスがなかったのは、時計が示すように少頭数の超スローだったからだ。

 フランスの競馬はとにかく前半が遅いため、スピードがある日本の馬は折り合いに苦労しがち。だが、マカヒキはきっちり折り合っていたから、適応力が非常に高い。

 ただ、今回は勝って当然の相手である。ほか4頭は英GⅢ馬が1頭だけで、3頭は重賞タイトルがなかった。

 フランスの馬場が初めてとはいえ、マカヒキは日本のダービー馬だ。今回、単勝1・4倍の支持を集めたほどである。

 思い出すのは3年前。ニエル賞ではその年のダービー馬キズナが本場・英国のダービー馬ルーラーオブザワールドを鼻差下した。そして古馬のGⅡフォワ賞はオルフェーヴルが楽勝……。

 それでも本番でオルフェは②着、キズナ④着。勝ったトレヴはオルフェの5馬身も前にいた。

 今年のニエル賞はメンバーが低調だし、本番の有力馬の多くは10日、愛国のGⅠチャンピオンSに出走。こちらはGⅠ馬が8頭も集まった“プレ凱旋門賞”で、今年の仏ダービー馬アルマンゾルが制している。

 さらに主要ブックメーカーのオッズで1、3番人気(2番人気にはアルマンゾルが急浮上)になっているポストポンド、ラクレソニエールは、前哨戦に出走していない。

 マカヒキの敵は本番一本で虎視眈々と牙を研いでいる――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る