【ニエル賞】マカヒキ低調なメンバー相手にきっちり勝利

公開日:  更新日:

本番の強敵は日曜のシャンティイにはいなかった

 派手さはなかった。だが、きっちりと勝利はモノにした――。

 マカヒキの海外デビューとなった仏GⅡニエル賞は本番の凱旋門賞と同じシャンティイ競馬場の芝二千四百メートル。天候は曇りで、馬場状態は良。

 5頭立ての4番枠からスタートしたマカヒキは道中の折り合い良く、3番手を追走。4コーナーまでほとんど動きのない展開で、マカヒキは直線で外めへ。残り400メートルぐらいから仕掛けてルメールがムチを2発。ストライドを伸ばして、ゴール前でグイッと出た。

 時計は2分35秒84で、逃げた②着ミッドタームとの着差は半馬身ほど。このシャンティイで10馬身も離したエイシンヒカリのようなパフォーマンスがなかったのは、時計が示すように少頭数の超スローだったからだ。

 フランスの競馬はとにかく前半が遅いため、スピードがある日本の馬は折り合いに苦労しがち。だが、マカヒキはきっちり折り合っていたから、適応力が非常に高い。

 ただ、今回は勝って当然の相手である。ほか4頭は英GⅢ馬が1頭だけで、3頭は重賞タイトルがなかった。

 フランスの馬場が初めてとはいえ、マカヒキは日本のダービー馬だ。今回、単勝1・4倍の支持を集めたほどである。

 思い出すのは3年前。ニエル賞ではその年のダービー馬キズナが本場・英国のダービー馬ルーラーオブザワールドを鼻差下した。そして古馬のGⅡフォワ賞はオルフェーヴルが楽勝……。

 それでも本番でオルフェは②着、キズナ④着。勝ったトレヴはオルフェの5馬身も前にいた。

 今年のニエル賞はメンバーが低調だし、本番の有力馬の多くは10日、愛国のGⅠチャンピオンSに出走。こちらはGⅠ馬が8頭も集まった“プレ凱旋門賞”で、今年の仏ダービー馬アルマンゾルが制している。

 さらに主要ブックメーカーのオッズで1、3番人気(2番人気にはアルマンゾルが急浮上)になっているポストポンド、ラクレソニエールは、前哨戦に出走していない。

 マカヒキの敵は本番一本で虎視眈々と牙を研いでいる――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る