【オールカマー】グランプリ馬対決 ゴールドアクターに軍配

公開日:  更新日:

⑤着マリアライト本番で変わる

 グランプリホース2頭が出走したオールカマーは昨年の有馬記念馬ゴールドアクターがV。宝塚記念馬マリアライトは0秒3差⑤着に敗れた。

 エーシンマックスの大逃げでレースは進み、前半3~5F通過35秒4―47秒4―59秒9のよどみない流れ。ゴールドアクターは馬群の切れ目で折り合い良く追走。3コーナーから馬なりでポジションを上げ、内のサトノノブレスをきっちり首差とらえたところがゴールだった。

 春の天皇賞ではレース前からテンションが上がり、引っ掛かって⑫着と失速。もともとイレッポな面があって、慣れない関西遠征で弱点が露呈してしまった。

 今回もパドック、返し馬とテンションの高さはあったが許容範囲内。レースでも前記の通りスムーズな折り合いだ。

 この後はジャパンC、そして連覇を狙う有馬記念と関東圏のビッグレースを狙っていく。“ホーム”なら今回のようにきっちり力を出し切って、タイトル上積みも期待できそう。

 一方、マリアライトは道中、ゴールドを前に置きながら追走したが、勝負どころで手が動いて反応が鈍かった。直線はジワジワと脚を伸ばしたものの掲示板確保まで。

 ただ、これまでの重賞2勝はともにGⅠでのもの。昨年もオールカマー⑤着から10キロ絞ったエ女王杯できっちり変わり身を見せている。

〈5000〉と抜群にテッポウ駆けするゴールドアクターとは対照的なタイプだけに、悲観する内容ではない。GⅠでの巻き返しに要注意だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る