【オールカマー】グランプリ馬対決 ゴールドアクターに軍配

公開日:  更新日:

⑤着マリアライト本番で変わる

 グランプリホース2頭が出走したオールカマーは昨年の有馬記念馬ゴールドアクターがV。宝塚記念馬マリアライトは0秒3差⑤着に敗れた。

 エーシンマックスの大逃げでレースは進み、前半3~5F通過35秒4―47秒4―59秒9のよどみない流れ。ゴールドアクターは馬群の切れ目で折り合い良く追走。3コーナーから馬なりでポジションを上げ、内のサトノノブレスをきっちり首差とらえたところがゴールだった。

 春の天皇賞ではレース前からテンションが上がり、引っ掛かって⑫着と失速。もともとイレッポな面があって、慣れない関西遠征で弱点が露呈してしまった。

 今回もパドック、返し馬とテンションの高さはあったが許容範囲内。レースでも前記の通りスムーズな折り合いだ。

 この後はジャパンC、そして連覇を狙う有馬記念と関東圏のビッグレースを狙っていく。“ホーム”なら今回のようにきっちり力を出し切って、タイトル上積みも期待できそう。

 一方、マリアライトは道中、ゴールドを前に置きながら追走したが、勝負どころで手が動いて反応が鈍かった。直線はジワジワと脚を伸ばしたものの掲示板確保まで。

 ただ、これまでの重賞2勝はともにGⅠでのもの。昨年もオールカマー⑤着から10キロ絞ったエ女王杯できっちり変わり身を見せている。

〈5000〉と抜群にテッポウ駆けするゴールドアクターとは対照的なタイプだけに、悲観する内容ではない。GⅠでの巻き返しに要注意だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る