【神戸新聞杯】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着サトノダイヤモンド(ルメール騎手) 自分でまくって動いて少し早いと思って一度、待ちました。内から馬が来た時には反応してファイトできたし、いい経験になったと思う。きょうは休み明けで少し引っ掛かったけど、次はリラックスして走れるはず。スタミナもある馬だから三千メートルも大丈夫ですよ。

(池江調教師) 少し折り合いを欠いたけど、それは休み明けの分。大きな課題はなかった。使った上積みも見込めるし、最後の1冠に向けて見通しが明るい内容でした。

②着ミッキーロケット(和田騎手) サトノが突っ張ってきたので無理をせずついて行こうと。ただ、相手が思ったよりも動いてくれなかった。早めに踏んでくれればチャンスはあったんだけどなあ。それでも内容はあったし、距離も我慢してれば大丈夫だと思う。

③着レッドエルディスト(四位騎手) 4角で内の馬にぶつけられて外へ張るところがあったけど、あれは仕方ないね。ひと夏越して、馬が良くなってきたのは感じた。距離が延びても大丈夫だし、楽しみだよ。

④着カフジプリンス(矢作調教師) いつもそういうところのある馬だけど、きょうも勝負どころで反応が鈍くなって4角もモタついていた。最後はいい脚を使っているだけに、もったいないな。

⑤着エアスピネル(武豊騎手) レース前は今までで一番、落ち着いていたし、道中もリラックスして運べていた。直線も“どれだけ伸びるか”って感じだったんだけど。1週前追い切りと同じでモタついたままこの馬らしい脚が使えなかった。ま、課題だったイレ込みや折り合いはできていたし、京都で巻き返したい。

⑥着ナムラシングン(池添騎手) 折り合い重視でレースを進めたし、本当はもっと我慢したかったんですけどね。3角で外から来られて動かざるを得なかった。その分、直線はギリギリまで追い出しを我慢したんですが、あそこで動いた分、キツくなりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  3. 3

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る