• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【オールカマー】レース後の談話

①着ゴールドアクター(吉田隼騎手) 天皇賞の時より落ち着いていて“いいな”と思いましたね。なので好位でイメージ通りに運べました。3コーナーでマリアライトが動いてきたので、自分も一気に行きました。②着のサトノノブレスがここまでしぶといとは思いませんでしたけど。順調にきているので、このままキープしていきたい。そうすれば秋の大きなところでもチャンスありますから。

②着サトノノブレス(福永騎手) もうちょいやった。競馬の並び、ポジション、馬場のいい外めとイメージ通りだった。最後、相手に食らいついて差し返していたし、力をつけているんだろう。

③着ツクバアズマオー(吉田豊騎手) ゲートはいつものこと。競馬が上手なので、あまり外を回らないように。勝負どころで人気馬2頭を見ながら行けたし、直線も内がうまくあきました。

④着クリールカイザー(田辺騎手) うまくいきましたけど、早めに来られちゃいました。もう少し後ろが牽制し合ってくれれば良かったんですけど。

⑤着マリアライト(蛯名騎手) スタートから全然ついて行けなかった。踏んでも反応がないし、直線で坂を上がってからもきていない。妙におとなしくなっているのか。メンコを取ったりしないといけないのかも。

⑥着ショウナンバッハ(戸崎騎手) 最後、いい脚を使ったんですが、ゴチャつく場面がありました。もう少しスムーズなら違ったと思います。

⑦着ワンアンドオンリー(内田騎手) 走りが少し前向きじゃないのかな。勝負どころで上がって行けなかったし、直線も内にササっていたから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る