【オールカマー】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着ゴールドアクター(吉田隼騎手) 天皇賞の時より落ち着いていて“いいな”と思いましたね。なので好位でイメージ通りに運べました。3コーナーでマリアライトが動いてきたので、自分も一気に行きました。②着のサトノノブレスがここまでしぶといとは思いませんでしたけど。順調にきているので、このままキープしていきたい。そうすれば秋の大きなところでもチャンスありますから。

②着サトノノブレス(福永騎手) もうちょいやった。競馬の並び、ポジション、馬場のいい外めとイメージ通りだった。最後、相手に食らいついて差し返していたし、力をつけているんだろう。

③着ツクバアズマオー(吉田豊騎手) ゲートはいつものこと。競馬が上手なので、あまり外を回らないように。勝負どころで人気馬2頭を見ながら行けたし、直線も内がうまくあきました。

④着クリールカイザー(田辺騎手) うまくいきましたけど、早めに来られちゃいました。もう少し後ろが牽制し合ってくれれば良かったんですけど。

⑤着マリアライト(蛯名騎手) スタートから全然ついて行けなかった。踏んでも反応がないし、直線で坂を上がってからもきていない。妙におとなしくなっているのか。メンコを取ったりしないといけないのかも。

⑥着ショウナンバッハ(戸崎騎手) 最後、いい脚を使ったんですが、ゴチャつく場面がありました。もう少しスムーズなら違ったと思います。

⑦着ワンアンドオンリー(内田騎手) 走りが少し前向きじゃないのかな。勝負どころで上がって行けなかったし、直線も内にササっていたから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  3. 3

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る