【オールカマー】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着ゴールドアクター(吉田隼騎手) 天皇賞の時より落ち着いていて“いいな”と思いましたね。なので好位でイメージ通りに運べました。3コーナーでマリアライトが動いてきたので、自分も一気に行きました。②着のサトノノブレスがここまでしぶといとは思いませんでしたけど。順調にきているので、このままキープしていきたい。そうすれば秋の大きなところでもチャンスありますから。

②着サトノノブレス(福永騎手) もうちょいやった。競馬の並び、ポジション、馬場のいい外めとイメージ通りだった。最後、相手に食らいついて差し返していたし、力をつけているんだろう。

③着ツクバアズマオー(吉田豊騎手) ゲートはいつものこと。競馬が上手なので、あまり外を回らないように。勝負どころで人気馬2頭を見ながら行けたし、直線も内がうまくあきました。

④着クリールカイザー(田辺騎手) うまくいきましたけど、早めに来られちゃいました。もう少し後ろが牽制し合ってくれれば良かったんですけど。

⑤着マリアライト(蛯名騎手) スタートから全然ついて行けなかった。踏んでも反応がないし、直線で坂を上がってからもきていない。妙におとなしくなっているのか。メンコを取ったりしないといけないのかも。

⑥着ショウナンバッハ(戸崎騎手) 最後、いい脚を使ったんですが、ゴチャつく場面がありました。もう少しスムーズなら違ったと思います。

⑦着ワンアンドオンリー(内田騎手) 走りが少し前向きじゃないのかな。勝負どころで上がって行けなかったし、直線も内にササっていたから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る