• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【凱旋門賞】14番マカヒキ 「速い時計の決着になるのはいい」(友道師)

 GⅡニエル賞の勝利から中2週。マカヒキは今週火曜に最終調整を行っている。

 ルメールが騎乗し、シャンティイのエーグル調教場の芝コースで約1600メートルの追い切り。帯同馬マイフリヴァに1馬身以上の先着を果たした。

 一夜明けた28日は、現地で開業している小林智厩舎の馬場で引き運動。

 同じ日、現地の専門紙パリチュルフは、終面でマカヒキの追い切りを伝えたほど。日本のダービー馬に熱い視線が注がれている。

 29日はラモルレー調教場のダートで大江助手が騎乗。きのう(30日)はリヨン坂路で乗り運動を行った。レース前日も同じメニューの予定。

 友道師は「シャンティイの馬場は硬く、ディープ産駒に合いそう。速い時計の決着になるのはいいと思います」とコメントしている。

 ただ、土曜は天気が崩れそう。雨量や馬場状態に関する情報には注意が必要だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る