【スプリンターズS】猫の目路線制した 二刀流レッドファルクス

公開日:  更新日:

M・デムーロさすがの勝負勘

 秋GⅠシリーズの開幕戦、スプリンターズSを制したのはM・デムーロ鞍上のレッドファルクスだった。

 終わってみれば大一番はやっぱりデムーロといったところか。スタート後、レッドにしては出して行きながら、プレッシャーを受けずに外めをスムーズに追走。4角手前からワンテンポ早く押し上げていく形を取った。結果的に先行勢が残る展開だったから、この一連の乗り方は大正解。ゴールで測ったように頭差だけ出ていたところが、さすがは勝負強いデムーロである。

 もちろん、鞍上の好騎乗、さらに馬自身が力をつけていることもあるとはいえ、この結果は今の短距離界のレベルも示しているか。とにかく、混戦が続いているのがこの路線だ。

 昨年からの混合重賞を振り返ってみると、スプリンターズS前まで合計18鞍の千二芝重賞があって、勝ち馬は実に17頭。2勝を挙げているのはビッグアーサーだけという“猫の目”路線。そう、抜けた存在がなく、どの馬にもチャンスがある組み合わせだった。

 思えばレッドはオープンの芝で勝ったのは前走のCBC賞が初めて。ダートでも4勝を挙げている“二刀流”だ。血統も父がスウェプトオーヴァーボードで、米国産のパワー型。生粋のスピード型、芝スプリンターというイメージがあった馬ではない。

 それでもレース展開や乗り方ひとつで勝つことができるのが今のスプリント界。負けた相手に言い訳もさせなかったロードカナロアのような、絶対君主の登場はいつになるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る