【スプリンターズS】春の王者ビッグアーサー⑫着惨敗

公開日:  更新日:

福永騎手「最低の騎乗になってしまった」

 春秋スプリントGⅠ連覇はならず――。

 単勝180円と圧倒的な支持を集めたビッグアーサーは、まさかの⑫着惨敗。紫苑Sから続いていた1番人気の重賞連勝記録も「9」でストップした。

 前走のセントウルSは自らハイラップを刻んで逃げ切り。今回も同様に最内枠から好スタートを切ったが、前哨戦のようにはいかなかった。

 先行勢を行かせて、好位のインに控える形。道中は頭を上げて行きたがるのを、なだめながらの追走に。
 直線を向いてサトノルパンの外を狙ったが、勝ち馬にフタをされて進路を内へ。しかし、前のネロに接触してつまずき、万事休す。秋の大一番は不完全燃焼に終わった。

 レースラップをみると2~4F目はセントウルSが10秒2―10秒6―10秒8だったのに対し、今回は10秒5―11秒1―11秒2。馬場、コースの違いがあるとはいえ、そう厳しいペースではない。実際に逃げたミッキーアイルら先行馬が②~④着に残っている。

 ここも前走同様に力任せの競馬だったら、というのは結果論か。頭数もプレッシャーも違う。GⅠでマークされる立場はやはり楽ではなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る