【スプリンターズS】春の王者ビッグアーサー⑫着惨敗

公開日:  更新日:

福永騎手「最低の騎乗になってしまった」

 春秋スプリントGⅠ連覇はならず――。

 単勝180円と圧倒的な支持を集めたビッグアーサーは、まさかの⑫着惨敗。紫苑Sから続いていた1番人気の重賞連勝記録も「9」でストップした。

 前走のセントウルSは自らハイラップを刻んで逃げ切り。今回も同様に最内枠から好スタートを切ったが、前哨戦のようにはいかなかった。

 先行勢を行かせて、好位のインに控える形。道中は頭を上げて行きたがるのを、なだめながらの追走に。
 直線を向いてサトノルパンの外を狙ったが、勝ち馬にフタをされて進路を内へ。しかし、前のネロに接触してつまずき、万事休す。秋の大一番は不完全燃焼に終わった。

 レースラップをみると2~4F目はセントウルSが10秒2―10秒6―10秒8だったのに対し、今回は10秒5―11秒1―11秒2。馬場、コースの違いがあるとはいえ、そう厳しいペースではない。実際に逃げたミッキーアイルら先行馬が②~④着に残っている。

 ここも前走同様に力任せの競馬だったら、というのは結果論か。頭数もプレッシャーも違う。GⅠでマークされる立場はやはり楽ではなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る