【凱旋門賞】新谷大的中! 馬単2万4170円、3連単38万60円

公開日:  更新日:

ファウンドは「今シーズンの地力強化が目立った1頭だと思っていた」

 凱旋門賞の予想でキーポイントになったのは当然、マカヒキ。史上最強の評価もある現3歳世代ダービー馬で、日本馬が凱旋門賞を勝つ瞬間を見たいのは日本人としては当たり前でした。

 ただ、冷静に考えればあの格下相手のニエル賞でいくら差がつかない瞬発力勝負、余裕残しだったとはいえ「首差」。もし、ディープインパクトやオルフェーヴルが出ていて同じ相手、展開ならもっと突き放していたんじゃないかと……。その全盛期の絶対王者2頭でも本番は勝てなかっただけに、本命を打つまでには至らず、ホームの利を念頭に入れて印を打ちました。

 中でも◎ファウンドは個人的に今シーズンの地力強化が目立った一頭だと思っていました。②着ばかりの数字だけを見れば以前と変わらなくても、レースを精査すると、惜しくない②着ではなく、展開ひとつで勝てる②着が明らかに増えていたところに注目。しかも、このタフネス牝馬は昨年、10月にBCターフでV。力をつけた今年なら、再度、シーズン終盤にここ一番での大物食いがあるとみて本命に推したのが大正解でした。

 記念すべき日本での最初の海外競馬発売。そんなレースで馬単、3連単ともに的中できたことは大満足。この後に控える秋GⅠシリーズでも、読者のみなさんに予想で還元できれば、と思っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る